『セシルのもくろみ』主題歌“夜の本気ダンス”って?ドラマの世界観・主人公の価値観にフィット!

      2017/08/10

 

2017年7月スタートのドラマ『セシルのもくろみ』。

このドラマの主題歌が決定しています。

 

ズバリ!

夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』!!!

 

え?・・分かりずらいですか?・・・確かに^^;

 

というわけで、この記事ではドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌を担当している、“夜の本気ダンス”をまだ知らない方のために、できる限りの情報を集めまとめてみました。

スポンサーリンク

 

ドラマ『セシルのもくろみ』番組情報

 

 

■放送情報

『セシルのもくろみ』
2017年7月7日木曜

よる10時スタート!!

毎週木曜よる10時・フジテレビ系列

■原作:唯川 恵 『セシルのもくろみ』(光文社文庫刊)

■脚本:ひかわかよ

 

 

ストーリー

ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性がぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たち。
運命のいたずらで読者モデルとなった女性が一流のモデルとして成功の階段を駆け上がっていく物語です。
自分を着飾ることなど興味がなかった主人公の宮地奈央(真木よう子)。
そんな彼女が今まで真っ向から否定してきた“オンナの世界”・・・嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係。
この世界でもがきながら、奈央はその先に何を見つけるのか?
嫉妬、野心、友情…パワフル&クレイジーな群像劇です。

 

主なキャスト

宮地奈央  真木よう子 
浜口由華子 吉瀬美智子 
沖田江里  伊藤歩 
山上航平  金子ノブアキ

小池雅美  小野ゆり子 
石田信也  眞島秀和 
平井早紀  石橋けい 
登坂千絵  伊藤修子

ーーーーーー 
坂下葵   佐藤江梨子 
小田萌子  藤澤恵麻 
安永舞子  長谷川京子        

安原トモ  徳井義実

宮地伸行  宇野祥平 
宮地宏樹  佐藤瑠生亮 
森康生   加藤雅人

黒沢洵子  板谷由夏
南城彰   リリー・フランキー

 

主題歌情報

主題歌:夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』
    (Getting Better Records)

 

スポンサーリンク

 

“夜の本気ダンス”とは?

 

 

“夜の本気ダンス”って?

2008年結成、京都出身の4人組ロックバンドです。

ロックのピュアな初期衝動と多様なエッセンスを融合。
そこから生み出された独自のグルーヴとグッドメロディーが、躍動感溢れる”人力ダンスミュージック”に変貌します!

結成から8年、2016年にメジャーデビューを果たした“夜の本気ダンス”。
いまや各フェス&イベントでは軒並み入場規制の状態が続くなど、強烈な勢いで超人気上昇中のロックバンドです!

 

メンバーは、

●西田一紀(Gt.)
大のスウィーツ好きで低音ヴォイスのギタリスト。別名”お散歩亭砂糖丸”。

●米田貴紀(Vo./Gt.)
確実にフロアを揺らす特徴的なダンスとヴォーカルが最高にイカしたフロントマン。

●マイケル(Ba.)
疾走感溢れるプレイと落ち着いたMCでバンドを支えるイケメン・プレイヤー。

●鈴鹿秋斗(Drs.)
暴走気味のスタイルでサウンドのエンジンを担当。心折れないMCが最もの魅力。

(引用:公式ホームページ)

 

バンド略歴

●2016年3月、メジャー1stアルバム『DANCEABLE』をリリース。
●同年6月~7月初の全国ワンマン・ツアー「WONDERFUL! DANCEABLE! ENSEMBLE! TOUR」開催。(全公演ソールドアウト!)
●2016年12月、メジャー1stシングル「Without You / LIBERTY」をリリース。
●2017年1月、バンド史上最大規模となる全国ワンマンツアー「Too Shy A Key TOUR 2017」開催。
●2017年4月、テレビアニメ「境界のRINNE」第3シリーズOPテーマ「SHINY」を含む「SHINY E.P.」をリリース。
●2017年8月9日、フジテレビ系全国ネット木曜劇場「セシルのもくろみ」主題歌「TAKE MY HAND」をリリース予定!

 

 

“夜の本気ダンス”バンド名の由来は?

一見、バンド名なのか曲名なのかわからないこの名前。

このバンド名の由来は、結成当時のメンバーの家の壁に貼ってあった新聞の切り抜きから、「怪しくてうねって踊らせる感じをイメージしたもの」だそうです。

・・・

無理やりあててるのかもしれませんが、公式ホームページにはこのようなキャッチフレーズもありましたよ。

“夜”も昼も聴く者全てを”本気”で”ダンス”させる・・・

皆さん、”踊れる準備はできてますか!?”

 

 

主題歌『TAKE MY HAND』発売日

 

ドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌、

夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」は、8月9日(水)リリース!

(VICL-37301/1,200円+税)

 

 

“本気ダンス”が彩るドラマの世界観

 

今回、“夜の本気ダンス”がドラマ『セシルのもくろみ』に起用されたいきさつには、フジテレビのプロデューサー・太田 大氏の直々のオファーがあったようです。

なんといっても夜の本気ダンスの楽曲の世界観が、ドラマのモチーフにマッチしていたと言います。

バンドも快諾し楽曲制作に。

ドラマ『セシルのもくろみ』のために書き下ろされた、完全オリジナルの主題歌となっています。

 

【フジテレビ 太田 大プロデューサーのコメント】

メジャー・デビュー前のインディーズの頃から、ものすごくエッジが効いたバンドだと感じて拝聴し続け、どこかで絶対にお仕事でご一緒したいと思っていました。
今回の主人公は「人から幸せに見られること」や「美しく着飾ることが正義」といった昨今の女性たちを取り巻く風潮に風穴を開け、ファッション業界に新しい価値観をもたらしていくキャラクターです。
そんな彼女の背中を後押しする曲として、新しい価値観を生み出している方々に歌っていただきたいと思っていました。
踊れる曲なのに打ち込みではなくギターロックであることや、特殊な言葉の紡ぎ方、少しズレを意識したリズム感など、すべてにおいて良い意味で違和感を生む方々であると思っており、主人公がもたらす違和感と通ずるところがあり、夜の本気ダンスさん以外に主題歌は考えられず、オファーをさせていただきました。
今回の楽曲「TAKE MY HAND」は、ギターの疾走感と弾けるボーカル、そしてタイトルでもある「手を取りついてきな」という意味合いは、「いつまでもきれいでいないといけない」という女性たちの強迫観念をぶち壊して、女性たちを導いていくような気概を持つ主人公の挑戦にぴったりだと思っています。
メジャー・デビュー後、初のドラマタイアップに本作を選んでくださり、とても感謝しています。
夜の本気ダンスのメンバーと暑い夏を駆け抜けられること、光栄に思っております。

【夜の本気ダンス 米田貴紀(Vo./G)コメント】

主題歌のお話をいただいたときは本当に驚きましたし、光栄なことだと感じました。
夜の本気ダンスの曲がドラマの主題歌としてお茶の間に流れる日が来るなんて、最高にワクワクしています。
「TAKE MY HAND」は、エッジを効かせた肉体的でダンサブルな1曲です。
この曲とともに夜の本気ダンスはさらにステップアップして、僕たちらしさを研ぎ澄ませていきます!

 

 

 

主人公のキャラクターの価値観

太田 大プロデューサーのコメントに、この主題歌をイメージできるコメントがありましたね。

「主人公がもたらす違和感」・・・

真木よう子さん演じる主人公・宮地奈央は、中学生の子供を持つパート勤めの主婦。
そんな奈央が、ファッション誌の読モにスカウトされたことで生活が一変します。

いきなり飛び込んだ「オンナの世界」。

そんな世界を今まで否定し続けてきた奈央にとっては、「違和感」でしかないはずですね。

 

 

●主人公・宮地奈央ってどんな女性?

主人公の宮地奈央(みやじなお)は、自分を着飾ることに興味がなく、身を取る専業主婦。金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人暮らし。

贅沢はできないけど、息子に少しでも多くご飯をべさせることや、パート先の総菜屋のお手製ポテトサラダが人気なことなど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足しています。
抜けたところもあるが体育会系で威勢がいい。

ある日読者モデルにスカウトされ、生活が一変することとなります。

 

まとめ

 

ドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌をtン等する、“夜の本気ダンス”を紹介しました。

ドラマの世界観がどのように描かれているのか、とても楽しみです!

真木よう子さん演じるパワフルなキャラクターの価値観という観点でも、じっくりとドラマを楽しみたいですね♪

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年7-9月ドラマ, セシルのもくろみ