『セシルのもくろみ』キャスト/豪華すぎる女優陣!この夏“美”の基準値あがるかも!

      2017/08/10

 

2017年夏、ドラマ『セシルのもくろみ』がはじまります。

ファッション誌「STORY」で」連載された人気小説を豪華な女優陣でドラマ化です!

主演の真木よう子さんを筆頭に、吉瀬美智子さん、伊藤歩さん、板谷由夏さん、長谷川京子さん、と華やかすぎる顔ぶれ!これだけのクールビューティーが集まるドラマってそうそうない気がしますよ。

ドラマのストーリーも、女性なら誰でも憧れる華やかな世界を描いています。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『セシルのもくろみ』番組情報

 

 

 

■放送情報

『セシルのもくろみ』
2017年7月7日木曜

よる10時スタート!!

毎週木曜よる10時・フジテレビ系列

 

■原作:唯川 恵 『セシルのもくろみ』(光文社文庫刊)

■脚本:ひかわかよ

■主題歌:夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』
(Getting Better Records)

 

ストーリー

ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性がぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たち。
運命のいたずらで読者モデルとなった女性が一流のモデルとして成功の階段を駆け上がっていく物語です。
自分を着飾ることなど興味がなかった主人公の宮地奈央(真木よう子)。
そんな彼女が今まで真っ向から否定してきた“オンナの世界”・・・嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係。
この世界でもがきながら、奈央はその先に何を見つけるのか?
嫉妬、野心、友情…パワフル&クレイジーな群像劇です。

 

『セシルのもくろみ』豪華な女優陣

 

宮地奈央  真木よう子

 

■どんな役柄?

主人公の宮地奈央(みやじなお)は、自分を着飾ることに興味がなく、身を取る専業主婦。金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人暮らし。

贅沢はできないけど、息子に少しでも多くご飯をべさせることや、パート先の総菜屋のお手製ポテトサラダが人気なことなど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している。
抜けたところもあるが体育会系で威勢がいい。

ある日読者モデルにスカウトされ、生活が一変することとなる。

 

 

クールな役のイメージが強い真木よう子さんですが、今回はなんとパート勤めの主婦という設定。
これだけで親近感が沸くではありませんか!読モにスカウトされるとくビジュアルの持ち主なんですけどね^^

1話の予告では、前髪をゴムで束ねて元気よく自転車に乗る姿や、パート先の総菜屋のエプロンつけてるシーンのカットが公開されていましたが、めちゃめちゃキュートです!

 

バラエティ番組で見る真木よう子さんは、クールなイメージとは裏腹に元気が良く、時折おちゃらけてみせたりしてますが、もしかしたら素の真木よう子さんに近いのかもしれませんね。

真木よう子さん演じる奈央は体育会出身で威勢が良く、気持ちのいい女性です。
家庭という小さな世界で生きてきた一人の主婦が、ファッション誌業界という華やかな世界にいきなり飛び込んで、目の当たりにするのは、嫉妬・見栄・生存競争・経済格差・禁断の男女の関係・・・。

この“オンナの世界”でもがきながら、主人公の奈央は何を見つけ、どんな風に変わっていくのでしょうか。
真木よう子さんの変貌も楽しみですね!

真木よう子さんプロフィール

生年月日:1982年10月15日
出生地:千葉県印西市
身長:160㎝
血液型:A型
趣味:映画鑑賞
特技:スポーツ

・1998年、仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾。
・2003年、オムニバス写真集「LIP」で水着姿を初披露。(水着のグラビアはこの時と「月刊真木よう子」のみ)
・2006年、「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。
・2008年、元俳優の片山怜雄さんと結婚(2015年離婚)。
・2009年、第一子となる女児を出産。
・2014年、「さよなら渓谷」で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞、「そして父になる」で最優秀助演女優賞をダブル受賞。

 

《主な出演作》
テレビドラマ
・SP(2007年)
・龍馬伝(2010年)
・最高の離婚(2013年)
・MOZU(2014年)
・問題のあるレストラン(2015年)
映画
・パッチギ!(2005年)
・ベロニカは死ぬことにした(2006年)
・ゆれる(2006年)
・さよなら渓谷(2013年)

ほか。

 

 

浜口由華子  吉瀬美智子 

 

■どんな役柄?

主人公・奈央の、憧れにして最大のライバルとなる『ヴァニティ』のカバーモデル、女性のすべての要素を兼ね備えたパーフェクトな女性浜口由華子(はまぐちゆかこ)。

舞台となる雑誌業界、モデル業界の象徴とも言える存在で、カリスマモデル“ハマユカ”として、読者に対して、社会に対して、“幸せに見え続けること”が自らの使命として生きてきた。

 

 

このドラマのテーマは、

「女性としての生き方」
「人から幸せそうに見られることの虚栄心」。

これは主人公の奈央と、このカリスマモデル・浜口由華子という、まったく正反対の二人がお互いにどのように影響を与え合い、変わっていくのか・・・ここに隠されているようです。

元モデルという吉瀬美智子さんですからいうことなしですね!
きっと表も裏も知り尽くした吉瀬さんなら、ファッション業界をリアルに再現してくれることでしょう。

 

吉瀬美智子さんプロフィール

生年月日:1975年2月17日
出生地:福岡県朝倉市
身長:166㎝
血液型:A型

・高校卒業後、喫茶店でアルバイト中にスカウトされ地元でモデルの仕事をする。
・20歳で上京。ファッション誌「Domani」の専属モデルを務めるかたわら、多数のCMに出演。
・2003年、情報番組「噂の!東京マガジン」にて5代目アシスタントを務めた。
・2007年、事務所移籍と共に女優に転身。 以後、「LIAR GAME」「ブラッディ・マンデイ」での演技をきっかけに注目されるようになった。
・2010年、10歳年上の実業家の男性と結婚したことを発表。
・2013年、第1子となる女児を出産した。
・2014年、出産1年後の初復帰作『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ)が話題作となりヒット。
・2016年、第2子となる女児を出産。

《主な出演作》
テレビドラマ
・LIAR GAME
・ブラッディ・マンデイ
・ハガネの女
・BOSS
・昼顔~平日午後3時の恋人たち~」

映画
・のだめカンタービレ 最終楽章
・死刑台のエレベーター
・神様のカルテ ・ガール

ほか。

 

スポンサーリンク

 

沖田江里  伊藤 歩

 

■どんな役柄?

ファッション誌『ヴァニティ』のライター・沖田江里(おきたえり)。
半信半疑で読者モデルの奈央とタッグを組むことになる。
元々ファッションブランドのPRとして働いていたものの、職を失い、ファッションライターに転身。一日も早く大成しようと毎日必死だが、自らの理想と身の前の現実とのはざまでもがく。

 

 

伊藤歩さんと言えば、今だに2014年に放送されたドラマ、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で夫を不倫で取られる妻を演じた印象が強いです。

こちらのインスタ、昼顔ファンにはたまらない2ショットですよね!

 

そういえば昼顔でも、バリバリ働く研究者という役柄でした。
キリリと髪を一つに結んで、てきぱきと話す姿はいかにも「できる女性」という感じでしたね~~~!

不倫で夫を取られた役なのに、なぜか悪役ような役回りでしたが、そんな役もよく似合ってました。

「昼顔」は、現在映画でも公開中で、伊藤さんはそちらにも出演してます。
吉瀬さんは映画には出てないみたいですね。

ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」無料視聴はこちらからどうぞ!

そんな悪女役の印象が強い演技派の伊藤さんが、崖っぷちで奮闘する真っ直ぐな役柄をどのように演じるのか楽しみですね。

 

伊藤歩さんプロフィール

生年月日:1980年4月14日
出生地:東京都練馬区
身長:166㎝
血液型:A型

・6歳のころから雑誌のモデル等の仕事を始める。
・1993年、映画『水の旅人-侍KIDS-』でデビュー。
・1996年、映画『スワロウテイル』に出演。演技が高く評価され、当時16歳でありながら、第20回日本アカデミー賞において新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞した。
・2001年、有名女性ミューシャンと共にバンド「Mean Machine」を結成。バンドではAyumi名義でヴォーカルを務めた。
・2010年~2年間続けたマウントレーニアのCMで露出が高まった。
・2014年、ドラマ『昼顔』で、夫を不倫相手に奪われまいとする妻の役で注目を集めた。
・2015年、NHK BSプレミアム『その男、意識高い系。』で連続テレビドラマ初主演。

《主な出演作》

テレビドラマ
・リップスティック
・ウエディングプランナーSWEETデリバリー
・昼顔~平日午後3時の恋人たち~

映画
・スワロウテイル
・サントリーオールド

ほか。

 

 

黒沢洵子  板谷由夏

 

■どんな役柄?

モデル出身の『ヴァニティ』編集部デスク・黒沢洵子(くろさわっじゅんこ)。
持ち前のクールビューティーを活かし、冷静沈着かつ策略的。

主人公の奈央をスカウトし、ファッション業界に引き込む。

 

 

本日も撮影快調‼️ #セシルのもくろみ

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –

 

ドラマや映画にとどまらず、キャスターやレポーターとしても活躍の幅を広げる板谷由夏さん。
板谷さんの演技はつい引き込まれる魅力があります。

どんな役でも自然体で、本当に演技が上手だな~といつも思います。
4月クールで放送された、ドラマ『母になる』では、ヘアメイクアーティストという仕事をこなす母の役でしたね。

夢だった海外での仕事の話があったものの、最後は子どもとの生活を優先するために断ったんですよね~・・・泣けましたTT

今回の役は、主人公・奈央の人生を変える重要な役どころ。
さばさばしたかっこいい女性を演じる板谷さんに期待したいですね。

 

板谷由夏さんプロフィール

生年月日:1975年6月22日
出生地:福岡県
身長:171㎝
血液型:O型

・1994年~『PeeWee』の専属モデルとして活躍する。
・1995年には、博多華丸(当時は鶴屋華丸)やおたこぷー(当時はおタコ・プー)と共にSOUTH END×YUKAとしてシングル「SO.TA.I」をリリース。
・1999年に『avec mon mari』で女優として映画デビュー。ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。『パーフェクトラブ!』を皮切りに、数多くのドラマ、映画に出演して顔が知られるようになった。
・2007年、スタイリストの古田ひろひこさんと結婚。
・2008年に長男、2012年に次男を出産。

 

《主な出演作》

テレビドラマ
・パーフェクトラブ(1999年)
・アイシテル~海容~(2009年)
・同窓生~人は、三度、恋をする~(2014年)
・母になる(2017年)

映画
・ドッジGO!GO!(2002年)
・映画 ホタルノヒカリ(2012年)
・3月のライオン(2017年)

ほか。

 

 

安永舞子  長谷川京子  

 

■どんな役どころ?

ファッション誌『ヴァニティ』の元ナンバー2モデル。現在はテレビコメンテーターとして活躍する個性の強い安永舞子(やすながまいこ)。
物言いはきついものの自分なりの正義と仁義を持ち、バイタリティ溢れる元一流モデル。

 

 

#lihuà

長谷川京子さん(@kyoko.hasegawa.722)がシェアした投稿 –

 

現在、ファッションモデルでもある長谷川京子さん。
お子さんが2人いるなんて思えない!母になってもきれいですね!

お嬢様や才女のイメージが強い長谷川さんですが、今回のドラマでは個性の強い役柄だそうです。
楽しみですね^^

 

長谷川京子さんプロフィール

生年月日:1978年7月22日
出生地:千葉県船橋市
身長:166㎝
血液型:B型

・1996年、女性ファッション雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデルオーディションに合格。
・1999年~本格的にモデル業を始め、『CanCam』の表紙を飾るなど活躍
・2004年、NTTドコモやコーセーなど10社11商品に出演してCMの露出量が1位となり「CMの女王」と呼ばれる。
・2006年、『おいしいプロポーズ』(TBS系)で連続ドラマ初主演。
・2008年、ロックバンド・ポルノグラフィティのギタリスト新藤晴一さんと結婚。
・2009年、第一子となる男児を出産。
・2012年、第二子の女児出産。

 

《主な出演作》

テレビドラマ
・僕だけのマドンナ(2003年)
・Mの悲劇(2005年)
・華麗なる一族(2007年)
・ペテロの葬列(2014年)
・マザー・ゲーム~彼女たちの階段~(2015年)

映画
・美しい夜、残酷な朝~box~(2005年)
・桜田門外の変(2010年)
・後妻業の女(2016年)

ほか。

 

 

その他のキャスト

 

山上航平  金子ノブアキ

小池雅美  小野ゆり子 
石田信也  眞島秀和 
平井早紀  石橋けい 
登坂千絵  伊藤修子

ーーーーーー 
坂下葵   佐藤江梨子 
小田萌子  藤澤恵麻        

安原トモ  徳井義実

宮地伸行  宇野祥平 
宮地宏樹  佐藤瑠生亮 
森康生   加藤雅人

南城彰   リリー・フランキー

 

まとめ

 

錚々たる女優陣に今からワクワク♪
真木よう子さん演じる普通の主婦が、華やかなファッション業界で、どのように変わっていくのか、また、彼女の信念が周りにどのような影響を与えるのかは見どころの一つですね。

この夏はドラマ『セシルのもくろみ』で、強い女性たちにパワーとエネルギーをもらいましょう!

“美”の基準値も上がるといいな~♪

 

スポンサーリンク

 - 2017年7-9月ドラマ, セシルのもくろみ