ドラマ『セシルのもくろみ』登場人物・見どころは嫉妬野心友情「女の生き方」描く

      2017/08/10

 

2017年夏、ドラマ『セシルのもくろみ』がスタートします。

このドラマは、女性だったら誰でも憧れる華やかなファッション誌業界の世界が描かれています。しかも、主人公の宮地奈央は夫と息子と一緒にささやかに暮らしてきた一人の主婦。

ある日を境に、ファッション界という非日常だった世界に身を置くこととなった普通の主婦が、華やかな世界の裏側で、葛藤し闘う様は、我々主婦にも憧れ共感を与えてくれるドラマじゃないでしょうか?

 

この記事では、ドラマ『セシルのもくろみ』の見どころを独自目線で綴っています。

スポンサーリンク

 

ドラマ『セシルのもくろみ』概要

 

■放送情報

『セシルのもくろみ』
2017年7月7日木曜

よる10時スタート!!

毎週木曜よる10時・フジテレビ系列

 

■原作:唯川 恵 『セシルのもくろみ』(光文社文庫刊)

■脚本:ひかわかよ

■主題歌:夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』
(Getting Better Records)

 

ストーリー

ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性がぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たち。
運命のいたずらで読者モデルとなった女性が一流のモデルとして成功の階段を駆け上がっていく物語です。
自分を着飾ることなど興味がなかった主人公の宮地奈央(真木よう子)。
そんな彼女が今まで真っ向から否定してきた“オンナの世界”・・・嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係。
この世界でもがきながら、奈央はその先に何を見つけるのか?
嫉妬、野心、友情…パワフル&クレイジーな群像劇です。

 

主なキャスト

 

『セシルのもくろみ』主なキャスト

宮地奈央  真木よう子
浜口由華子 吉瀬美智子
沖田江里  伊藤歩
山上航平  金子ノブアキ

小池雅美  小野ゆり子
石田信也  眞島秀和
平井早紀  石橋けい
登坂千絵  伊藤修子

ーーーーーー
坂下葵   佐藤江梨子
小田萌子  藤澤恵麻
安永舞子  長谷川京子        

安原トモ  徳井義実

宮地伸行  宇野祥平
宮地宏樹  佐藤瑠生亮
森康生   加藤雅人

黒沢洵子  板谷由夏
南城彰   リリー・フランキー

 

 

ドラマ『セシルのもくろみ』の見どころ

 

 

それでは、7月スタートドラマ『セシルのもくろみ』の見どころを独自目線で分析してみました。

 

 

女性が憧れる華やかな世界観!

 

今回のドラマ『セシルのもくろみ』は、女性なら一度は憧れるファッション業界が舞台になっていますね。

しかも!

真木よう子さん演じる主人公の奈央は、パート勤めの主婦という、なんとも親近感の沸く役どころ。
まぁ、読者モデルにスカウトされるという、ビジュアルの持ち主なので、その辺は普通ではないのですが・・・。

でも奈央自身は、自分を着飾ることなど一切興味なし!一人息子のためにせっせとパート勤めに、おいしいお惣菜を買い求めるという、なんとも等身大の主婦です。
しかも奈央は、贅沢ではないけれど、この生活を幸せだと思っています。

 

そんな女性が、いきなり飛び込むこととなったファッション業界という華やかな世界。
価値観のすべてが違う世界で、どのように立ち向かうのか!?

 

きっと我々主婦には共感度大の作品になりそうですね。

嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係と様々な欲望が渦巻く世界・・・
今まで家庭という小さな世界にいた一人の主婦が、どのように向き合い、そのように変わっていくのか?

 

主人公の主婦・宮地奈央に感情移入して、ワクワクドキドキの華やかな世界観に連れてってほしいな~と思います。

 

 

女の戦いを待ち望んでいた!

 

熱い男たちの戦いは、毎回ドラマにも映画にもなっていて、私もかなり好きです!
正義、愛する人を救うため、日本のために、世界のために、地球のために・・・。最後に必ず正義は勝つ!といったスカッとした結末もあれば、陰謀のために葬り去られる正義もあったりして、女性から見てもかっこいいし熱くなれるので、必ず見てしまいます。

しかし!!!

「オンナの戦い」はある意味、そんなきれいごとじゃ済まされません!

今回のドラマ『セシルのもくろみ』は、ファッション誌を舞台に、女性たちがパワフルに描かれるドラマです。
想像の域を超えませんが、女性の世界というのは、華やかになればなるほど、すさまじく黒い世界だというイメージです。

私事ですが、昔服飾系の学生だったころ、あるファッションショーのフィッター(裏でモデルの着替えを手伝う)という仕事を手伝わせてもらったことがあります。モデルたちはみんな海外からきたトップモデル。

そこで裏方の仕事を通して、表とは裏腹の厳しい戦いを目の当たりにしましたよ。
われながらいい経験をしたと、今では貴重な体験談なのですが、最初は逃げ帰りたくなる思いでしたTT。

 

一日二日でこんな体験ができるんですから、その世界にどっぷり浸かったら、どんな世界が見えてくるんでしょうね。^^;

でも、モデルとしてこの世界で生きるために必要なものもあるんだと思います。
そして、本来の目的のために、その世界で生き抜いていく術(すべ)も。

 

厳しい社会を生き抜く女性が闘う姿は憧れです。
それを目の当たりにできるドラマに、女性は燃えますよね~!

 

スポンサーリンク

 

女性が憧れる女優陣

 

キャストが発表されたとき、「これは観たい!」と思わせてくれる女優陣でした!
一見クールに見えて、かっこいい女優さんは、女性ファンも多いですよね。

そんな女優さんが一度に大勢見られる贅沢なドラマです!!!

 

クールな役柄が多い真木よう子さんですが、今回はパート勤めの主婦。
決して悲壮感が漂っているわけではなく、今の暮らしに幸せを感じている元気で体育会系の女性という役柄のようです。

おそらく、体育会系というところがミソなのかな、と思っています。

この主人公・奈央は、かなりパワフルです。

 

決して暗くドロドロしたドラマではなく、生活が一変する新しい世界で、自分の信念を貫きつつ、ファッション業界という特有な世界で生きるのかという前向きなメッセージが詰まってそうですよ。

 

 

ファッション誌「ヴァニティ」のカバーモデル役の吉瀬美智子さんは、本物のモデルさんですから言うことなしですね。
そのビジュアルをみることが出来るのも楽しみですが、実体験からこのファッション誌業界の有様をリアルに見せてくれるのではないでしょうか。

 

こちらは、ファンにはたまらない「昼顔」のコンビ!
なぜかゾクゾクする2ショットです!

 

 

 

伊藤歩さんは、今も映画が公開中、「昼顔」のときから、できる女性の代名詞的な役柄でした。
その印象が強くて、ファッション誌のライターという働く女性の役はピッタリですね。
モデルでもいいんじゃない?ってくらいスタイル抜群ですけどね^^

 

そして、板谷由夏さんのナチュラルでサバサバした演技は、思わず見入ってしまいます。
4月ドラマ「母になる」では、母でありながらヘアメイクアーティストとして仕事をし、家庭と仕事の両立の在り方を考えさせられる役柄を演じていました。
今回の役柄は、ファッション誌「ヴァニティ」編集部のデスクで、奈央をスカウトします。

 

 

本日も撮影快調‼️ #セシルのもくろみ

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –

 

「ヴァニティ」の元ナンバー2モデルで、現在はコメンテーターという役柄を演じる長谷川京子さんは、いくつになってもやっぱりキレイ!どこまで華やかなドラマなんでしょう!
すっかり魅力的な大人の女性になった長谷川さんの演技も楽しみです。

 

 

#昨日の撮影にて#セシルのもくろみ#板谷由夏ちゃん #携帯いじる仕草も#美しいですな

長谷川京子さん(@kyoko.hasegawa.722)がシェアした投稿 –

 

 

今までにない異質な演出

 

ドラマの中では、作家などの文化人、美容家、スポーツ選手など様々な分野で活躍する実在の女性たちが複数出演するそうです。

ドラマのテーマである、
「女性としての生き方」
「人から幸せそうに見られることの虚栄心」

といった視聴者へ問いかけるシーンも登場するなどの、どれまでのドラマとは異質の演出は話題になりそうですね。

 

想像しているよりもはるかに奥が深く、考えさせらるドラマになりそうです。

 

 

まとめ

 

7月7日スタートのドラマ『セシルのもくろみ』、世の中の女性にはたまらないドラマになりそうですね。

「幸せに見られることって、本当に幸せ?」
女性の生き方という、思わず唸ってしまうテーマです。

何気なく過ごしている毎日に、ドラマに登場する野心を燃やして働く女性から、たくさんパワーエネルギーをもらえることを期待しています!

いろんな意味で、女性にとっても暑い夏をドラマ『セシルのもくろみ』を通して届けてくれるのではないでしょうか。
楽しみです^^。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年7-9月ドラマ, セシルのもくろみ