『CRISISクライシス』第8話キャスト瞬き厳禁!最強の敵は現役人気プロレスラー

      2017/07/10

 

2017年4月ドラマ『CRISISクライシス』。
その第8話が放送されました。

今回の任務は、信仰宗教団体のテロを阻止するというもの。

7分30秒の規格外のアクションや、田丸(西島秀俊)と千種(石田ゆり子)との禁断関係など、見どころがたっぷりの第8話。

この第8話に登場した強~い敵であるゲスト出演者を紹介します。

 

『CRISIS』第8話、今すぐ見逃し配信はこちら

 

スポンサーリンク

 

『CRISISクライシス』第8話のあらすじ

 

林智史(眞島秀和)は、公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入しています。
その林から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(西島秀俊)

数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ち掛けられ、動揺します。
任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからです。

 

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求します。
田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)はその条件を承諾します。しかし一方で、田丸と千種の関係を不安視していました。

林の情報によると、テロの決行は2日後で、標的は文部科学大臣。
青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛冶(長塚京三)は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決めるのでした。

 

テロ決行当日、稲見(小栗旬)はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かります。

その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、“神の光教団”の元信者がカバンを手に身を潜めていました。
大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近。カバンの中から何かを取り出そうとします。
が、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪で拘束されるのでした。

大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気付き、ぼうぜんと立ち尽くすのでした。
いったい新興宗教団体“神の光教団”の真の狙いとは・・・?

 

 

 

『CRISISクライシス』第8話のゲスト出演者は?

 

今回は特捜班5人が乗り込んだカルト教団150人を相手に7分30秒のノンストップ対決が実現します!!!
そして、このバトルの最後に小栗さん、西島さんを待ち受ける敵が、なんと現役の人気プロレスラーである後藤洋央紀さん(新日本プロレス)土井成樹さん(ドラゴンゲート)なんです!

 

 

 

 

後藤洋央紀さんプロフィール

(ごとう ひろおき)

新日本プロレス所属のプロレスラー

リングネーム:後藤洋央紀
ニックネーム:混沌の荒武者 ほか

誕生日:1979年6月25日
出身地:三重県桑名
身長:182㎝
体重:103㎏
血液型:O型

スポーツ歴:レスリング

国士舘大学進学後、レスリングで上位入賞。
大学卒業後、2002年に新日本プロレスに入団。
肩を脱臼し一旦新日本を退団するも、リハビリとトレーニングを重ね、その年の11月に再入団。
2003年、岐阜産業会館における田口隆祐戦でデビューした。

 

《得意技》
GTR、昇天、昇天・改、裏昇天、牛殺し、後藤式、昇龍結界、特攻ラリアット

《入場のテーマ》
覇道

《タイトル》

【新日本プロレス】
IWGPインターコンチネンタル王座 : 2回(第3、11代)
NEVER無差別級王座 : 1回(第15代)
NEW JAPAN CUP 優勝 : 3回(2009年、2010年、2012年)
WORLD TAG LEAGUE 優勝 : 2回

【NWA】
NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座 : 1回

ほか。

 

スポンサーリンク

 

小栗旬さんを持ち上げた~~~!

 

ドラマの中で、最後に稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)を待ち受けていた最強の敵!
稲見を演じる小栗旬さんと対決したのが後藤選手でしたね。

小栗旬さんも大きいのですが、その小栗さんを地面からひょいと持ち上げてしまったのです!
これには驚き!さすが現役プロレスラーのすごさを見せてもらいました。

この時の小栗旬さんの感想がこちら。

 

小栗旬さんの身長は184㎝。そして体重75㎏。
その小栗さんを一発で・・・すごいですね!

番組終了後の後藤選手のツイートです。
一視聴者として楽しまれていたんですね^^
見た目と裏腹にCUTE♪こちらこそいいものを見せてもらいました!

 

 

土井 成樹さんプロフィール

 

DRAGON GATE所属のプロレスラー

 

(どい なるき)

リングネーム 土井 成樹、セカンド土井
ニックネーム:暴走マッスル

誕生日:1980年10月4日
出身地:奈良県生駒市

身長:175㎝
体重:80㎏

スポーツ歴:野球、サッカー

2000年、ミラノコレクションA.T.率いるT2Pの一員として対新井健一郎戦でプロレスデビュー。
当時のリングネームは、元読売ジャイアンツの土井正三から取られた「セカンド土井」。本人いわくサッカー好きなのに、なぜか野球のコスチュームにバット持参であった。

2005年、リングネームを本名に戻し、筋肉をアピールしたブリーフスタイルに。そして、Final M2Kを裏切ってBlood Generationへと加入。
同年3月、オープン・ザ・ブレイブゲート王座の初代王者となり、ドラゴン・キッドに奪取されるまで5度の防衛を果たした。

 

《得意技》
バカタレ・スライディングキック、マスキュラーボム、DOI555、タイガースープレックス・ホールド ほか。

《入場曲》
MUSCULAR COUNTDOWN / ACMA (現在)

《タイトル》

オープン・ザ・ドリームゲート王座 : 1回(第10代)
オープン・ザ・ツインゲート王座 : 5回(初代・第4代・第13代、第30代、第37代)
オープン・ザ・トライアングル・ゲート王座 : 10回(第3・8・10・12・15・28・32・35・38・40代)
ROH世界タッグ王座 : 1回(第20代)
UWA世界6人タッグ王座 : 1回

ほか。

 

出た~!必殺技バカタレ・スライディングキック!

 

土井選手の必殺技に、「バカタレ・スライディングキック」というものがあります。
この「バカタレ・スライディングキック」、尻餅をついたり、片膝の相手めがけてロープの反動を利用して勢いをつけたスライディングキックを決める技。そして、決める際に「バカタレ!」と叫ぶのだそうです。

なんとこの技がドラマの中でも登場していたんですね~~~!

教団内の廊下で田丸演じる西島さんとの格闘シーン。
ダメージを受けた田丸に向かって勢いよくスライディングキック!
ただ、「バカタレ!」は聞こえませんでした^^;

でもこれが観れば見るほどかっこいいんです!

 

 

 

 

日本ドラマ史に残るアクションを

 

今回の『CRISISクライシス』第8話。
見どころの一つとして、小栗や西島秀俊演じる田丸三郎らが所属する特捜班5人が乗り込んだカルト教団の150人近くいる出家信者を相手に7分30秒のノンストップ対決!

瞬き厳禁のアクションシーンは見ごたえありましたね!

この第8話についての小栗旬さんのコメントです。

 

小栗旬さんのコメント

『CRISIS』は、アクションが売りではありますが、これまでアクションで話を終わらせることはありませんでした。でも第8話だけはとんでもない、日本のテレビドラマ史に残るアクションをやって終わらせます。
これまで種を蒔いてきたことを回収しながら第8話、第9話、第10話が進んでいきます。
西島さんのファンにとっても、第8話の田丸さんを見ればすごく納得してくれると思います。
この第1話から最終話まで一貫した覚悟を持った脚本はやはりすごいと思います。

 

 

小栗さん「もっと強い敵を」・・・

 

そして今回、150人とのバトルの最後に稲見、田丸を待ち受ける敵役として、現役の人気プロレスラーである後藤洋央紀さん(新日本プロレス)と土井成樹さん(ドラゴンゲート)が抜擢。

このキャスティングの経緯について、西島さんがコメントしています。

 

西島秀俊さんのコメント

小栗君がプロデューサーに「もっと強い敵を用意してくれ!」と言っていたら、今回本当に最強の男たちと対決することになりました。後藤選手も土井選手も文字通り規格外な人でした。
小栗君をはじめとしたキャストとスタッフの覚悟が詰まったシーンになっています。
特捜班5人対150人の美しく壮絶なバトルを是非ご期待ください。

 

 

まとめ

 

『CRISISクライシス』第8話に登場したゲスト出演者である、現役プロレスラー後藤洋央紀選手(新日本プロレス)と土井成樹選手(ドラゴンゲート)を紹介しました。

今回は稲見にとっても「相手に不足なし!」といったところでしょうか。
見事な7分30秒のアクションシーンは、瞬きするのも忘れるほど見ごたえがありました。

現役人気プロレスラーのお二人も、プロだけあって格闘の見せ方を分かってますよね。
このドラマに超マッチしたお二人で、スポーツマンでありながら演技もできる幅の広さには驚きでした♪

アクションといい田丸さんの恋愛事情といい、今回も見ごたえたっぷりでしたね。

 

『CRISIS』第8話、今すぐ見逃し配信はこちら

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年4-6月ドラマ, CRISIS 公安機動捜査隊特捜班