『CRISISクライシス』キャスト6話/俺たちの仲間爆破テロ実行犯・警視総監・カルト教団信者の俳優は誰?

   

 

2017年4月ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第6話が放送されましたね。

今回は番組始まって史上最もド派手なアクションを披露!
このドラマ『CRISISクライシス』の醍醐味を存分に味わえる放送回となりました。

しかしストーリーは切なく、派手なアクションとメンバーの心の闇のギャップも、このドラマにハマってしまう要因なのです。

 

この記事では、ドラマ『CRISISクライシス』の第6話を彩る、ゲスト出演者も皆さんを紹介します。
大人の男の魅力にあふれるこのドラマ『CRISISクライシス』にさらに強力なメンバーが加わりますよ!

 

『CRISISクライシス』6話の見逃し配信はこちら
動画配信記事リンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

『CRISISクライシス』第6話のあらすじ

 

一見、普通のコンビニ強盗を防犯カメラでとらえた映像に見える。
しかし、その強盗犯の後ろにたまたま写っていた男、この男は11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)だった。

なぜ突如都内のコンビニに姿を現したのか・・・
もしや里見は、再びテロを計画しているのではないか・・・
そう危惧した警察は、里見の逮捕に躍起になる。

警察上層部では、鍛冶(長塚京三)も警視総監の乾陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使って手柄を立てるよう圧力をかけられていた。

その頃、一見何の変哲もないオフィスビルへとは入っていくスーツ姿の男が。
その男は、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)だった。
そこは、警察から身を隠している里見の潜伏先だった。
羽田は地下鉄の各駅に厳戒態勢が敷かれていることを、里見に報告した。

特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)が昔ハッカーだった時のツテを使い、早くも里見の居場所を突き止めていた。
吉永(田中哲司)から指示を受けた稲見(小栗旬)田丸(西島秀俊)はさっそく現場へ急行。

待ち構えていた稲見と田丸は、車でアジトを出た里見たちの追跡を開始した。
しかし、その動きを察知した里見らは、巨大なホームセンターへと逃げ込む。

追いかける稲見と田丸だったが、二人の前に里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかる。
そこで、激しい攻防戦を繰り広げることとなる。

しかしその隙に、里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまったのだった。

そのあまりにも完璧な逃亡ぶりに違和感を覚えた稲見。
「何か知ってるんでしょ?」との稲見の問いかけに田丸には、昔公安にいた頃の噂話をする。

11年前、爆破テロを行った組織に、公安の人間が長期の潜入捜査を命じられた。
その捜査官が、寝返ってテロの実行犯になったという…。

あくまでも噂の域を出ないという田丸に対し、もし里見が自分たちと同じ警察の人間だったとしたら、その足跡を見つけてやらなくてはならないのではないか、それを見つけることが里見を見つける近道なのではないかと問いかける・・・

そして警察学校時代からの足跡をたどり、ここ11年間の足取りが全くつかめない一人の男にたどり着いた。
里見はやはり同じ警察官だったのだ。

早く捕まえて、任務から解放してやりましょう、という稲見に同意した特捜班メンバー。

さらに、里見にはテロではなく個人的な理由が何かあるのではないか、という推測から、里見が恨みを抱く警察内部の人間にたどりついたのだった・・・。

 

 

 

『CRISISクライシス』第6話のキャストを紹介

 

それでは『CRISISクライシス』第6話に登場した、ゲスト主演者を紹介します!

大人の男の魅力がたっぷりと話題の『CRISISクライシス』ですが、ゲストを加えてさらにパワーアップですね~~!

 

テロ実行犯/元潜入捜査員・里見修一(山口馬木也)

 

11年間完璧に隠れてきたのにどうして・・・
稲見の疑問は、里見が11年間抱き続けてきた、上司への恨みによるものだったとわかります。

これは個人的な感想ですが、潜伏先にいる里見を見ても極悪人とは思えませんでした。
そして案の定、今回も切ない結末を迎えてしまうわけですTT

この元警察でテロ実行犯となってしまった里美を演じるのが、山口馬木也さんです。
ドラマに緊張感を与える、キリリとした表情が魅力のベテラン俳優さんです!

 

(出典:オフィスまとば公式サイト)

 

山口馬木也さんプロフィール

(やまぐち まきや)

本名:槙矢 秀紀(まきやひでのり)
生年月日:1973年2月14日
出生地:岡山県
身長:180㎝
血液型:A型
特技:乗馬・剣道・殺陣・ドラム・ジャンべ(アフリカ民族音楽)
所属事務所:オフィスまとば

1988年、日中合作の映画「葵花却」で俳優デビュー。

現在では数少ない、時代劇を中心に活躍する俳優であり、映画・ドラマ・舞台と幅広く活動しています。

《主な出演作》

テレビドラマ
・君が想い出になる前に(2004年、関西テレビ) – 杉山悟
・JIN-仁-(2011年) – 桂小五郎
・三毛猫ホームズの推理(2012年) – 永江和哉
・八重の桜(2013年大河ドラマ)榎本武揚
・ボーダーライン(2014年) – 松井圭介

映画
・雨あがる(2000年) – 野田又四郎
・告白(2010年) – 桜宮正義

舞台
・「真田十勇士」「さらば8月の大地」(2013年)
・「里見八犬伝」「十三人の刺客」「サロメ」(2012年)

ほか多数。

本人の特技にも上がってますが、殺陣が本当に見事な役者さんだそうです!
クライシスではさすがに時代劇の立ち回りは観れませんでしたが、時代劇での山口馬木也さんの殺陣には注目ですよ~!

 

 

スポンサーリンク

 

 

警視総監・乾 陽一(嶋田久作)

 

テロ実行犯の里見が恨みを抱いていた人物、それがこの警視総監・乾陽一でした。
かつて里見の上司だった乾は、つい最近警視総監という立場にまで上りつめました。
そのことを機に、11年間恨みを抱いて生きてきた里美が復讐にのりだしたのでした。

この警視総監・乾を演じているのが、俳優の嶋田久作さんです。

怪しまずにはいられない!なにか不気味な影を感じる役柄でいつもゾクゾクしながら見てます。
そんな個性派俳優さんです。

 

 

嶋田久作さんプロフィール

(しまだ きゅうさく)

生年月日:1955年4月24日
出生地:神奈川県横浜市戸塚区
身長:180㎝
血液型:O型
所属事務所:ザズウ

東洋大学文学部哲学科を卒業後の職業経歴がすごい!
コンピュータのプログラマー
バンドのキーボード奏者
生協のレジ打ち
庭師

これらを経て1984年、飴屋法水の誘いを受け劇団東京グランギニョルの旗揚げ公演に参加。29歳で俳優デビュー。

のちにこの劇団は解散したものの、この小劇場が『帝都物語』を上演した際に嶋田さんの演技が関係者の目にとまり、同作品の映画化に当たって抜擢を受ける事となったそうです。

1988年、『帝都物語』の魔人、加藤保憲役で映画に初出演。強烈な印象を残したといいます。
原作者の荒俣宏さんは同作を文庫化する際、加藤の容貌を嶋田さん本人に似せて書き直したそうですよ!

また斯界の大物から相次いで起用を受け、遅咲きながら短期間で異色俳優としての地位を固めました。

実直な人物から冷酷な悪人、エキセントリックなキャラクターまで幅広い役をこなす個性派俳優さんです。

 

《主な出演作》

テレビドラマ
・もどり橋(1988年、NHK)取立て屋、母親の情夫(ひとり二役)
・ハゲタカ(2007年、NHK)村田丈志 役
・ブラッディ・マンデイ(2008年、TBS)神島紫門 役
・悪霊病棟 (2013年、MBS)尾神辰男 役
・ぼんくら2(2015年、NHK)佐伯錠之介 役
・おかしの家(2015年、TBS)島崎明 役

映画
・帝都物語(1988年)加藤保憲 役
・帝都大戦(1989年)加藤保憲 役
・図書館戦争(2013年)平賀警部補 役
・ソロモンの偽証(2015年) 河野良介 役
・シン・ゴジラ(2016年7月29日)片山修一 役

ほか多数。

 

 

カルト教団の信者・羽田(山口翔悟)

 

よく似たスーツにメガネ・・・里見のことを先生と仰ぎ、護衛のように付き添うカルト教信者たち。
その中でもトップの位置に立つ信者の役を演じているのが、山口翔悟さんです。

地味な感じでよくわからなかったかもしれませんが、実はウルトラマンの主役も務めた超イケメン俳優さんです!

 

(出典:Tristone Entertainment公式サイト)

 

山口翔悟さんプロフィール

(やまぐち しょうご)

生年月日:1983年2月19日
出生地:愛知県名古屋市
身長:174㎝
血液型:O型
所属事務所:トライストーン・エンターテイメント

 

サンミュージック付属の養成所・サンミュージック・アーティスト・アカデミー(SAA)名古屋校出身(3期生)。
高校在学中に、おばあちゃんが本人に黙って養成所に履歴書を送ったことがきっかけだったです^^!

2001年1月、オリジナルビデオ作品『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』にて主人公・ウルトラマンティガ/マドカ・ツバサ役を演じ、俳優として活動を開始

2006年1月からは、特撮テレビドラマ『魔弾戦記リュウケンドー』に主人公・鳴神剣二(リュウケンドー)役として出演。

2008年9月から2009年3月までNHK連続テレビ小説『だんだん』に出演
オーディション500人の中から選ばれたそうですよ!

2009年1月からケイン・コスギとともにセンチュリー21のCMにも出演。

私生活では、2014年に5歳年上の一般女性と約4年間の交際期間を経て結婚、同4月19日に沖縄県内のホテルの教会にて挙式をあげたそうです。

 

《主な出演作》

テレビドラマ
・愛の劇場・温泉へ行こう3(2002年)山崎純一 役
・魔弾戦記リュウケンドー(2006年)主演鳴神剣二
・連続テレビ小説・だんだん(2008年)石橋友也 役
・ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ(TBS)桜井太一郎 役
・マッサージ探偵ジョー(2017年)播磨刑事 役

映画
・シンクロニシティー・フェアリーテイル(2001年)主演・梶山圭吾 役
・あずみ(2003年)こもろ 役
・パラ族 パラパラじゃないか!(2006年)主演・井上富士太 役
・おのぼり物語(2010年)

ほか多数。

 

こちらはご本人のツイッターからです。

 

今回のアクションはいつにもまして見ごたえありました!
凄すぎです!
主演のお二人に関心はいきがちですが、やられる方も同じくらい大変ですよね!

 

野間口徹さんからは“山ちゃん”と言われるほど。
みなさん仲良しなんですね♪

 

 

まとめ

 

ドラマ『CRISISクライシス』6話に登場するゲスト出演者の皆様を紹介しました。

この第6話はクライシス史上最もド派手なアクションだと予告でも話題になっていました。

そのアクションを見事にこなす、小栗旬さん西島秀俊さんはもちろんスゴイですが、敵対する相手役を務めている皆さんも相当なもんじゃないかと思うわけです・・・。
相当な練習を重ねてこられたんだろうな、と感服いたします。

ドラマ『CRISISクライシス』もいよいよ後半へ、どんなアクションやストーリーが待ち受けているのか、一時たりとも見逃せませんね。

 

『CRISISクライシス』6話の見逃し配信はこちら
動画配信記事リンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 2017年4-6月ドラマ, CRISIS 公安機動捜査隊特捜班