『母になる』5話・ナウ先輩にとにかく泣ける!圧巻の演技が話題に!この役者は誰?

   

 

ドラマ『母になる』の5話が放送されました。

なんといっても第5話で注目されたのが、ナウ先輩こと田中今偉!
ナウ先輩のえらすぎる性格もさることながら、泣きたい気持ちを我慢して、それでも最後にはこらえきれず顔を隠して泣くシーンは、視聴者にも大きな反響でした!

そして、ひどい母親でナウ先輩がかわいそすぎる!
堕落しきった母親役を迫真の演技で見せた綺麗な女優。

この記事では、ナウ先輩を演じている望月歩くんと、お母さん役の女優・伊藤ゆみさんを紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

『母になる』5話のあらすじ

 

新しい家族の生活と、育ての親に突き放されたことで、上手く気持ちの整理をつけられない広(道枝駿佑)は、施設に帰りたいと打ち明ける。
そして、再び施設で暮らすことになったのだが、戻る途中に姿を消してしまった。

結衣(沢尻エリカ)広が麻子(小池栄子)のところに行ったのではないかと不安を抱く。
しかし木野(中島裕翔)から今偉(望月歩)と一緒にネットカフェにいるのを見つけたと連絡が入った。

「僕に任せてください」という木野の言葉を信じることにしたものの、結衣は心配で落ち着かない。

広は、行方不明になっているナウ先輩こと今偉の母親が、ネット上の地図に写りこんでいるのを知り、居場所探しで結託していた。
木野が立ち会う中、ようやくヒントを掴んだナウ先輩と広は、母親(伊藤ゆみ)に逢いにいくが、そこで待ち受けていたのはあまりにも残酷なものだった。

自分の身を挺してまでも、広に母親のありがたさを分かって欲しかった今偉のおがけで、広の心も大きく動かされることとなる。

同じ頃、麻子は、一緒に飲みに行って意気投合した琴音(高橋メアリージュン)から、新しい仕事を紹介してもらっていた。
それが柏崎オートの仕事とは知らないまま、里恵(風吹ジュン)にも会い、気に入られる。
しかし里恵から、可愛がっている孫の写真を見せられる。
それが自分が子どものように育てた広だとわかると、意を決し行動に出る。

ところが、麻子の過去を知る人物から、麻子が留置所にいた事実を知った琴音は急いで柏崎オートに向かうー。

 

『母になる』第5話の予告動画はこちら。
↓↓↓↓↓

 

 

「泣けた!」ナウ先輩~!

 

第5話の見どころは、はなんといってもナウ先輩に尽きるのではないでしょうか。

本当にいい子だ!と感心させられ、だからこそあまりにもかわいそうで・・・。
こんな残酷な現実が待っていることは、ナウ先輩自身予想していたのではないかと思います。

でも広に母親のありがたさを分かってほしかった。
こんな母親でも自分を生んでくれた母親は一人しかいない。
広に語るナウ先輩でしたが、それは同時に自分自身の心の整理をつけよう必死に格闘しているようにも見えました。
それを見かねた木野の優しい言葉で、緊張の糸が切れ、必死に顔を隠しながら泣くナウ先輩。

このシーンの反響がすごかったですね。
ツイッターでは、ナウ先輩のシーンに泣けたと多くの声がツイートされました。

 

 

 

 

ナウ先輩を演じる望月歩くんとは?

 

『母になる』でナウ先輩こと田中今偉を演じているのは、望月 歩くんです!

それではこの望月歩くんとはいったいどんな少年なのでしょうか?

(出典:ヒラタオフィス公式サイト)

 

望月 歩くんプロフィール

もちづき あゆむ

生年月日:2000年9月28日
身長:179㎝
特技:乗馬
所属事務所:ヒラタオフィス

2014年 宮部みゆき原作の映画『ソロモンの偽証』で、中学生・柏木卓也役に抜擢され俳優デビューを果たす。
2015年、この映画の公開時にはその演技が一躍注目を浴び、本格的に活動を始める。

《主な出演作》

テレビドラマ
・マザー・ゲーム~彼女たちの階級~(2015年、TBS)
・コウノドリ 第5話(2015年、TBS)

映画
・ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判(2015年) 柏木卓也 役
・秘密 THE TOP SECRET(2016年)平井学 役
・真田十勇士(2016年) 真田大助 役
・疾風ロンド(2016年)高野裕紀 役

 

 

望月歩くん、役作りはまさしくプロ

 

2015年ドラマ「マザー・ゲーム」のインタビューに答えた望月歩君。
デビュー間もないというのに、その役作りはまさしくプロ!

視聴者を号泣させる演技も、しっかりとした役作りをして作り上げているものなんです!

マザー・ゲームでの役どころである、引きこもりの役を演じた感想は?

という質問に、望月歩くんを一躍有名にした映画『ソロモンの偽証』からの流れで、正直なところ引きこもりやいじめられっ子の役が続くな…と苦笑。
自分とはかけ離れた世界に住む役どころに、生まれた時から今までの半生を自分なりに想像して演じたそうです。

 

また、難しい役どころを演じるにあたって、どんな役作りをしたかという質問に対しての答えがこちら・・・。

「監督からは母親のことは嫌いではなく好きで、小学4年生の時に引きこもりを始めてしまうと聞かされました。
だから僕なりに、小学生のころ、勉学で1番を目指すも少しずつ挫折を重ね続ける中、弟が生まれたことをきっかけに重圧に耐えられず感情が崩壊してしまったんじゃないかというふうに役について掘り下げました。
また、怒りを表すシーンでは自分の中の怒りの感情を引き出して演じています。」
(引用:「ザ・テレビジョン」)

と、この時点で若干14歳、すでにこの役者魂には感服です!

また、共演したいのは「吉永小百合さん」
チャレンジしたいのは、ドラマ「最高の離婚」で瑛太さんの演じた役。あんな演技がしたいと思ったそうです。陰のある難しい役をこなす望月歩くんですが、今後コメディーにも挑戦したいと語っています。

デビュー間もない頃のインタビューですから、これからが本当に楽しみな役者さんですね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

ナウ先輩の母親役・伊藤ゆみさんとは?

 

『母になる』5話でナウ先輩の母親役を演じている綺麗な女性。
渾身の悪役を見事に演じていますね。

この母親・田中舞子を演じているのが、伊藤ゆみさんです。
伊藤ゆみさんは在日韓国人三世
韓国のアイドルグループ「Sugar」のメンバーでした。

 

(出典:エイベックス・マネジメント公式サイト)

 

伊藤ゆみさんプロフィール

(いとう ゆみ)

生年月日:1984年8月25日
出生地:鳥取県鳥取市
国籍:韓国
身長:163㎝
血液型:B型
趣味:乗馬、絵を描くこと
特技:ダンス
好きな歌手:アリシア・キーズ、リアーナ、クリスティーナ・アギレラ
所属事務所:エイベックス・マネジメント

 

1984年在日韓国人二世の父と、韓国人の母の元に生まれる。
中学1年生の時に、宇多田ヒカルに衝撃を受け歌手を志す。
中学2年生、母親と行った韓国旅行でスカウトされ、2000年に韓国に渡り芸能界デビューの為レッスンを開始。

2001年 韓国のアイドルグループ「Sugar」のメンバー・Ahyoomi(アユミ)として韓国でデビューを果たします。

2007年、ソロの歌手「Ahyoomee(アユミ)」としてSMエンターテインメントに移籍し、BoAや東方神起らと同じ所属事務所となる。

2008年、エイベックス・エンタテインメントに移籍し、伊藤 ゆみ」として日本を拠点に女優として活動開始。
同時期にアメリカ合衆国ロサンゼルスへ留学。音楽、ダンス、語学を学ぶ。

2009年11月、東名阪での野外ボードにてロングヘアを大胆にカットしたベイビーショートのICONIQ(アイコニック)」としてのビジュアルが初公開され、歌手として再デビュー。

再デビュー後初となるアルバム『CHANGE MYSELF』はオリコン週間チャートで3位を記録。
YAHOO!JAPANの「5,000万人が選ぶ!ネット番付2010」音楽部門新人アーティスト賞で最多得票を獲得。
「レコチョク年間ランキング2010」新人アーティストランキング「着うた」部門で女性ソロ1位獲得。
さらにコラボ曲「I’m lovin’ you」が「2010年TSUTAYA年間ランキング」CDレンタル部門・限定シングル1位を獲得した。
また、同年11月25日の『ベストヒット歌謡祭』では地上波テレビ初出演し歌唱、同年末の『第52回日本レコード大賞』でも新人賞を受賞した。

2016年8月10日発売の雑誌『SENSE』グラビアを皮切りに、伊藤 ゆみ」に名前を戻し、女優業を中心に再始動。
現在に至っている。

 

《主な出演作》

【伊藤ゆみ名義】
貧乏男子 ボンビーメン(日本テレビ 2008年)倉田若葉 役
四つの嘘(テレビ朝日 2008年)宮部(ナース) 役

【ICONIQ名義】
どんど晴れスペシャル(2011年、NHK BSプレミアム)氷室雪子 役
福岡恋愛白書8(2013年、九州朝日放送)古賀恵 役
間違われちゃった男(2013年、フジテレビ)桃山エリカ 役

ほか。

 

2012年、GACKTさんとの交際が報道されましたね。
2年ほどで破局してしまったようですが、その後の交際や結婚されたという報道はないようです。

現在に至るまで、とにかくすごい経歴の伊藤ゆみさん。
歌に芝居、CM出演など、これからの活躍に注目です!

 

まとめ

 

『母になる』5話は、とにかくナウ先輩に泣かされた!という視聴者の声が多く聞かれました。
例にもれず私もその一人なのですが、泣くのレベルを通り越して号泣してしまいましたTT
家に誰もいなくてよかった^^;

ナウ先輩を演じる望月歩くん、俳優としての才能は本物のようですよ!
これから大注目俳優さんです!

これからのドラマ『母になる』、ナウ先輩とお母さんの親子関係が少しでも元に戻ることができるように、ナウ君にも幸せになってほしいと願うばかりです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 2017年4-6月ドラマ, 母になる