『CRISISクライシス』4話キャスト|研究者教授夫妻・暗殺者の俳優は?/4話のあらすじ

      2017/05/12

 

2017年4月ドラマ『CRISISクライシス』の第4話が放送されましたね。
前回(第3回)では、平成維新軍に加担した若きテロリストが登場しました。
激しいアクションもさることながら、政府のからむ汚職事件に巻き込まれた若者たちの最後がとても切ないものでしたねTT。

今回の第4話は、国際的な陰謀に巻き込まれた研究者を守れ!という話でした。
スケールは大きく、結末もさらに切ない最後になりました。

この記事では、『CRISISクライシス』第4話に登場したキャストのうち、ゲスト出演者となった方々を紹介します。

よく見るあの俳優さんはだぁれ?というモヤモヤを解消してください^^

 

『CRISISクライシス』第4話の動画はこちらから。
動画視聴記事リンク

 

スポンサーリンク

 

『CRISISクライシス』第4話あらすじ

 

ある日、稲見(小栗旬)田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、大学で航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられます。

しかし、有馬に関する詳しい情報は何も与えられません。
分かっているのは、すぐにでも命を狙われるような危機的状況にあること。
そして一週間後に出国するということだけ。

大学の研究室を訪れた特捜班。
ところがそれに対して有馬教授は横柄な態度で接します。

同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿がありましたー。

翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じます。

すると、樫井(野間口徹)が爆薬の臭いを嗅ぎつけ、研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。
注意を促したものの、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまいます。
その瞬間、爆弾による激しい爆音とともに、研究室は破壊されてしまうのです。

現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿がありました。
その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人。
しかし、向かった駐車場には、もう一人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいたのです。

そこで稲見は石立と激しい攻防を繰り広げることになります。

ただ事ではない事態を受けて、吉永(田中哲司)鍛冶(長塚京三)に今回の任務の背景を問い詰めます。
鍛冶はミサイル実験に力を入れるある国が、有馬の優秀な頭脳を狙って拉致を画策していると明かします。
しかし吉永は腑(ふ)に落ちません。

暗殺者を割り出すため、大山(新木優子)は前科者リストをチェックします。

状況を目の当たりにした稲見は「あいつらは前科者とか、そういった種類の人間じゃない」と、男たちが暗殺のプロだと確信しますー。

 

影の立役者・第4話のキャスト

 

 

航空工学研究者・有馬丈博教授(小市慢太郎)

 

理由も知らされないまま、まずこの有馬教授の身辺警護を任命された特捜班。
しかし特捜班が任命される時点で、ただならぬ事件が絡んでいると察知しました。

航空工学を研究する有馬教授。
優秀なだけに目をつけられ、気が付いたら国際的な陰謀に巻き込まれてしまいましたね。

この白髪が渋い、有馬教授を演じているのが、俳優の小市慢太郎さんです。

 

(出典:Sai公式ページ)

 

こいち まんたろう

本名:小市義行
生年月日:1969年2月15日
出身地:大阪府大阪市
身長:173.5㎝
血液型:B型
特技:殺陣、水泳、スキー
所属事務所:Sai

大学生時代よりマキノノゾミの劇団M.O.Pに参加。2010年劇団が解散するまで主に主役として在籍していたそうです。
2011年のNHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」に出演。これで高い評価を得たようです。

現在は映像俳優を主なフィールドとし、繊細な表現力精密な演技力で活躍しています。

 

《主な出演作》

(テレビドラマ)
・連続テレビ小説「てっぱん」
・大河ドラマ「風林火山」「龍馬伝」「八重の桜」
・運命に、にた恋
・そして、誰もいなくなった
・信長協奏曲
(映画)
・パッチギ!
・果てぬ村のミナ
・るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編

ほか多数。

 

小市慢太郎さんに関する豆情報

 

役者歴25年以上の大ベテラン俳優・小市慢太郎さん。
実は下積み時代がとっても長く、舞台俳優だけでは食べていけない小市さんは、30歳までアルバイトをして生計を立てていたそうです。

また、有名進学校出身の小市さん、高校はソフトテニスの強豪校で全国大会ベスト8入りを果たしたスポーツマン。
文武両道のかっこいい学生さんだったんですね~♪

 

 

 

暗殺者・石黒(近藤公園)

 

冒頭、メガネをかけたインテリ風のサラリーマン役で登場しましたね。
「非通知」の着信で暗殺の指令を受けます。

そして仲間の暗殺者と一緒に、有馬教授の暗殺を企てます。
そして最後の瞬間にはビールで乾杯!
とんでもなく悪い役でしたね!

この暗殺者・石黒の役を演じたのは、個性派俳優の近藤公園さんです。
公園さんとはなんともインパクトあるお名前ですね。

 

(出典:大人計画公式サイト)

 

こんどう こうえん

本名:近藤和義
生年月日:1978年10月11日
出身地:愛知県西尾市
身長:169㎝
血液型:O型
特技:水球、和太鼓、ベース
所属劇団:大人計画

高校時代は水泳部に所属し、水球もやっていたスポーツマン。
一時期は選手を目指したんでしょうか、「水泳は、いつまでも続けられるものではない」と思い立って演劇を志すようになったそうです。

1998年に大人計画に入団し、最初は演出助手として活動。
その後、近藤公園という芸名で俳優に。
2000年に初舞台でデビューされました。

そして2001年、『ウォーターボーイズ』の主要メンバーに抜擢されスクリーンデビュー。
得意の水泳がここで実を結ぶことになります。

以降、個性的な役柄をこなし活躍していますね。

 

《主な出演作》

【テレビドラマ】
・のだめカンタービレ(2006年)
・蜜の味~A Taste Of Honey~(2011年)
・リーガルハイ(2013年)
・A LIFE~愛しき人~(2017年)
・櫻子さんの足下には死体が埋まっている(2017年)
【映画】
・ウォーターボーイズ(2001年)
・母べえ(2008年)
・おとうと(2010年)

ほか。

 

近藤公園さんに関する豆情報

 

近藤公園さんという面白い芸名ですよね。
この芸名、「公園」という響きの良さと、コーエン兄弟の映画が好きだったので近藤公園という芸名に決めたそうですよ。

ちなみにコーエン兄弟とは、ジョエル・コーエン(Joel Coen, 1954年11月29日  )とイーサン・コーエン(Ethan Coen, 1957年9月21日 )という、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

もう一人の暗殺者・石立(浜田 学)

 

指令を受けた石黒(近藤公園)が向かった先は、一軒の小さな古本屋さん。
そこにいたのがもう一人の暗殺者・石立です。
暗殺の仕事を楽しむように不気味な笑顔で武器を眺めるあたり、悪い顔ですよ~・・;

小栗旬さんとは、激しいアクションシーンも演じていますね。

この役を演じているのが俳優の浜田学さんです。
不気味な悪役を見事に演じる、実力派俳優さんですね。

 

(出典:アルファエージェンシー公式サイト)

 

はまだ まなぶ

生年月日:1976年3月14日
出生地:東京都
身長:185㎝
所属事務所:アルファエージェンシー

高校卒業後、文学座俳優養成所に入所。

1997年に日本テレビ系スペシャルドラマ『七曲署捜査一係』の新人刑事役でデビューしました。

2000年、NHK大河ドラマ『葵 徳川三代』に 保科正之役で出演。
以降、多くの大河ドラマで活躍しています。

2008年10月、20代後半の看護師と5年の交際期間を経て結婚されました。

 

《主な出演作》

(テレビドラマ)
・医龍 -Team Medical Dragon- 4(2014年)
・ウロボロス~この愛こそ、正義。(2015年)
・嘘の戦争 (2017年)
(NHK大河ドラマ)
・葵 徳川三代(2000年)保科正之役
・武蔵 MUSASHI(2003年)宝蔵院胤舜役
・功名が辻(2006年)祖父江新一郎役
・龍馬伝(2010年) 記者・坂崎紫瀾役
・江~姫たちの戦国~(2011年)真田幸村役
・平清盛(2012年) 梶原景時役
・軍師官兵衛(2014年) 加藤又左衛門 役
・花燃ゆ(2015年)雲仙役
(映画)
・踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!(2010年)
・岳-ガク-(2011年)
・ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判(2015年)

ほか。

 

浜田学さんに関する豆情報

 

小学校から高校時代まで、9年間野球部に在籍。
東京農業大学第一高等学校在学中は、4番打者として活躍したそうです。

本人の色々な人間を演じたいとの思いから、二枚目路線に傾くこともなく様々な役に挑戦しているそうです。
その中でも「零のかなたへ~THE WINDS OF GOD~」(’05年EX 文化庁芸術祭テレビ部門優秀賞受賞)のキリスト教信者の特攻隊員役、「アウトリミット」(’05年WOWOW)のホモの狂気の殺し屋役などはそれを物語っていますね。

 

 

 

有馬教授の妻(奥貫薫)

 

有馬教授の別居中の妻を演じているのが、女優の奥貫薫さんです。

 

(出典:ORICON NEWS)

 

おくぬき かおる

生年月日:1970年11月22日
出生地:東京都
身長:157㎝
血液型:A型
所属事務所:クォータートーン

1986年の『ヤングジャンプグランプリ』を受賞。
「アミューズ10ムービーズオーディション」に合格し、芸能界入りします。

1988年には8人組の女性アイドルグループ「エンジェルス」の一員(奥ちん)としてデビュー。

1997年の映画『ラヂオの時間』に出演。これを機に高い演技力でも知られるようになります。

 

《主な出演作》

(テレビドラマ)
・渡る世間は鬼ばかり
・クロサギ
・龍馬伝
・泣くな、はらちゃん
・ぼんくら
(映画)
・ラヂオの時間
・半落ち

ほか。

 

奥貫薫さんに関する豆情報

 

アミューズでオーディションに同期で採用された中にはなんと福山雅治さんがいます。
『龍馬伝』でふたりは初めて共演したそうです。

また、サッカーが好きで清水東三羽烏が活躍した高校サッカーや日本サッカーリーグを観戦。
Jリーグ発足後はサンフレッチェ広島を応援しているそうです。
好きなサッカー選手は元アルゼンチン代表MFのフェルナンド・レドンド。

私生活では、映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』で共演した小木戸利光さんと2009年3月に結婚。2011年に都内の病院で男児を出産されました。

 

まとめ

 

『CRISISクライシス』第4話に登場した、主要キャストではない出演者の皆さんを紹介しました。
今回も個性豊かな俳優さんたちが登場しましたね。

いつも思うのですが小市慢太郎さんはとにかく声が渋い!
人の好さがにじみ出てしまう役柄がよく似合いますね。

今回も結末は衝撃的なものでした。
西島秀俊さんもこの4話を一足早く見て、本気で泣いたそうですよTT

この先も楽しみですね~!

 

『CRISISクライシス』第4話の動画はこちらから。
動画視聴記事リンク

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年4-6月ドラマ, CRISIS 公安機動捜査隊特捜班