CRISISクライシス3話キャスト|藤崎兄弟や組長の息子を演じる若手俳優は?3話あらすじ

      2017/05/10

 

2017年春ドラマ、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第3話が放送されました。

やはり政府が絡んだ国家テロ事件。
しかし、テロリストとして実行犯となったのは、悲しい過去を持つ少年。

特捜班のメンバーが、この少年たちのテロをどんなふうに防いだか。
この少年たちはどんな結末を迎えることになってしまったのか。

大人の犠牲者である少年たちに勝利することができるのかが、今回の見どころでした。
クライマックスのシーンでは、切なくて涙してしまいましたTT。

この記事では、ドラマ『CRISISクライシス』3話に登場する、主要キャスト以外の出演者を紹介します。

平成維新軍に加担したテロリストを演じた、若手俳優さんたちにも注目ですよ♪
この子、どこかで見たことある!って思った方も多いのでは?

 

『CRISISクライシス』3話の動画はこちらから視聴できます。
動画記事リンク

 

スポンサーリンク

 

『CRISISクライシス』3話のあらすじ

 

 

贈収賄事件に関与した疑惑の議員が、顔を隠した3人組の男らに白昼堂々襲われました。
さらに議員は、報道陣の目の前で射殺されてしまったのです。

その直後、与党のホームページのトップページがハッキングされ、テロ組織“平成維新軍”からの犯行声明文を目にすることとなります。

 

特捜班は犯人を逮捕してテロを未然に防ぐよう命じられました。

班長の吉永(田中哲司)、襲撃犯が使用していた特殊な拳銃をたどって実行犯を洗い出すよう稲見(小栗旬)田丸(西島秀俊)に指示します。

そして、銃器マニアの暴力団組長が同じ型の拳銃を買い集めていた、との情報を得たのです。

裏取り操作を進めると、やはり使われた拳銃は組長が所持していたものだとわかりました。
しかも保管していた拳銃はすべて組長の息子の譲(大和孔太)に盗まれていたことがわかったのです。

組長の証言から、譲は少年院を出所後に人が変わり、「社会のシステムを変えてやる」と言っていた、という情報を聞き出します。
稲見は何者かが譲をそそのかして、今回のテロ行為に及ぶよう誘導したのではないかと考えました。

やがて譲の潜伏先を突き止めた特捜班は、拳銃を装備して現場へと向かいます。

吉永、樫井(野間口徹)大山(新木優子)が建物の周囲を固め、稲見と田丸が部屋へ近づくと、ちょうど外出しようとしていた譲に出くわします。
次の瞬間、譲は部屋の仲間に「逃げろ!」と叫び、同時に素早く拳銃を抜き、近づいてきた稲見と田丸に銃口を向けたのですー。

 

 

 

影の立役者・3話登場キャスト

 

まずは、どこかで一度は見たことがある、ベテラン俳優さんからです!

 

最初のターゲット・与党政調会長 浜尾 徹

 

オープニングからいきなりのテロ事件。
標的は、現・与党政調会長の浜尾徹議員。
ワイドショーでは、この浜尾議員の贈賄疑惑、また過去にも証券会社からの利益供与疑惑があったことが報じられていました。
この「過去」が今回のテロと大きく関わってくるんですよね。

 

浜尾議員 役 蛍 雪次朗さん

(出典:CESホームページ)

《プロフィール》

ほたる ゆきじろう

1951年8月27日
埼玉県出身

身長 170㎝
血液型 B型
所属事務所 CES
通称「卵親父」

高校2年生の時、アマチュア劇団に所属していた姉の影響で俳優の道を志す。
高校卒業後、東京演劇アンサンブルに入団。
1984年、コントグループ「蛍雪次朗一座」を結成し、『ザ・テレビ演芸』で11週勝ち抜き人気を集める。
39歳の時コンビを解散し、その後は本格的に役者として活動。
1995年、金子修介監督作品『ガメラ 大怪獣空中決戦』の“大迫警部補”役で広く知られるようになった。

《主な出演作》

星の金貨
牙〈GARO〉狼シリーズ
ブラッディ・マンデイ
リッチマン、プアウーマン
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
大河ドラマ「天地人」「風林火山」
連続テレビ小説「マッサン」「トトねえちゃん」

ほか多数。
270本ものドラマ・映画に出演しています。

 

 

テロリストの父親・大畑組の組長 

 

オープニングの浜尾議員暗殺テロ事件で、犯人の持っていた拳銃が特殊であることが判明しました。
暴力団関係のある筋から、この拳銃を大畑組の組長が手にしているという情報を入手しました。

稲見と田丸は、組長から、秘密裏に拳銃を探していることを話すと、所持していた拳銃3丁は息子が盗んで行方が分からなくなっていると言います。
その代わりに「この件を穏便に片づけてほしい」と、息子を思う親の顔ものぞかせていましたね。

 

大畑組組長 役 戸田昌宏さん

 

(出典:DrillSpinデータベース)

 

《プロフィール》

とだ まさひろ

1968年3月28日生まれ
静岡県出身
身長 170㎝
血液型 A型
所属事務所 クォータートーン
演劇ユニット「プリセタ」主宰

《主な出演品》

チーム・バチスタの栄光(2008年) – 羽場貴之役
ギルティ 悪魔と契約した女(2010年) – 田辺厚役
リーガル・ハイ(2012年) – 向井義孝役
ルーズヴェルト・ゲーム(2014年) – 水上部長役
MOZU(2014年) – 若松忠久役
ようこそ、わが家へ(2015年) – 平井光雄役
とと姉ちゃん(2016年) – 鈴木与志夫役

 

 

部下に嫉妬・警視庁 公安部長  土岐田 宗利

 

毎回出てくる、警視庁公安総務課長・青沼(飯田基祐)は、警備局長・鍛冶(長塚京三)の忠実な部下です。
テロ事件や特捜班との連絡係を任されている青沼ですが、本当は自分がまかされるはずだった、出身大学が同じじゃないとだめなのか、と嫉妬をあからさまにします。

 

土岐田宗利 役 奥田達士さん

 

(出典:(株)クリオネ・ホームページ)

《プロフィール》

おくだ たつひと

1968年8月10日生まれ
東京都出身
身長 169㎝
血液型 B型
趣味 バイシクル、モトクロス
所属事務所 クリオネ
劇団「M.O.P」出身。

「白い巨塔」では金井助教授役で、知的キャラクターを武器に、数々のドラマ・映画出演。

 

《主な出演作》

白い巨塔(2003年、フジテレビ) – 金井達夫役
JIN-仁-(2009年、TBS) – 松本良順 役
警部補 矢部謙三(2010年4月 – 6月、テレビ朝日) – 木下刑事 役
花ざかりの君たちへ?イケメン☆パラダイス?2011(2011年7月-9月、フジテレビ) – 樹桃雄 役
運命の人(2012年1月-3月、TBS) – 川崎一郎 役
グ・ラ・メ!?総理の料理番?(2016年7月 – 9月、テレビ朝日) – 牛倉哲夫 役

(映画)
日本のいちばん長い日(2015年、東宝) – 高島辰彦 役
真田十勇士(2016年、松竹・日活) – 大野治長 役

 

 

スポンサーリンク

 

 

平成維新軍・若きテロリストたち

 

それでは『CRISISクライシス』第3話を大きく動かす、平成維新軍のテロリストを演じた出演者の皆さんを紹介します。
注目の若手俳優さんたちです!

 

大畑組組長の息子 大畑 譲

 

特殊な拳銃を手に入れた父親からその拳銃を盗み、今回のテロに加担します。
少年院を出たばかりだが、若さゆえに汚職にまみれたこの国のシステムが許せない、この国の未来に絶望しか見えない、とテロ組織に洗脳されていったようです。
しっかり訓練を受けたテロリストですが、所々に若さや、本質的に悪ではない一面も覗かせていますね。

大畑譲 役 大和 孔太さん

(出典:modelpress)

《プロフィール》

やまと こうた

1994年11月5日生まれ
出身地 熊本県
身長 175㎝
所属事務所 YGエンターテイメント

現所属事務所からスカウトされ、高校卒業後単身上京。
モデルとして多くの雑誌、カタログ、TV番組、PVに起用される。
2015年より俳優に転身。
9月に舞台「天国の脚本家冴嶋コーキ」で主演に抜擢。
同事務所の所属アーティスト・WINNERのキム・ジヌと共演したショートムービーが世界中で話題となった。

『CRISISクライシス』第3回の放送を終え、公式ツイッターでコメントしています。

 

 

金城一紀監督も太鼓判!

 

 

 

藤崎兄弟・兄 藤崎 正一

 

テロの実行犯、藤崎兄弟のお兄さんです。
5年前、当時の与党政調会長・黒須議員が、証券会社がらみの利益供与事件をおこします。
その後事件はうやむやにされましたが、事件に関与したとされ黒須議員の秘書・藤崎康正は自殺。
この秘書こそ、まぎれもない藤崎兄弟の父親だったのです。

 

藤崎正一 役 堀家 一希さん

(出典:レプロエンターテインメンツHP)

《プロフィール》

ほりいえ かずき

1997年11月21日生まれ
岡山県出身
身長 169㎝
趣味 手品
特技 サッカー
所属事務所 (株)レプロエンターテインメント

《主な出演作》

(ドラマ)
ラストコップ(2016)
(映画)
夜空はいつでも最高機密の青色だ(2017)
(舞台)
エレメンタルホスピタル(2016)
破壊ランナー(2017)

藤崎兄弟のお兄さん役を演じた堀家一希さんは、インタビューで撮影時の様子を詳しく語っています。
その内容はこの後、紹介しています。

 

藤崎兄弟・弟  藤崎 誠二

 

父の恨みを晴らすために、維新軍に加担した藤崎兄弟。
黒須元議員を殺そうとするも、孫の前での“優しいおじいちゃん”の顔を見て迷いが生じるなど、心を持つ人としての温かさが伺えましたね。
「兄ちゃん」「ごめんな。誠二」という言葉だけで確認を取り合い、覚悟を決める姿に、切ない兄弟愛を感じます。

藤崎誠二 役 西山 潤さん

 

(出典:スターダストプロモーション)

《プロフィール》

にしやま じゅん

1998年7月12日生まれ
出身地 神奈川県
身長 176㎝
趣味 野球
特技 水泳
所属事務所 スターダストプロモーション芸能3部

《主な出演作》

【ドラマ】
よろず占い処 陰陽屋へようこそ(2013年CX系) 高坂史尋 役
化石の微笑み(2015年)伊沢忠信役
ホテルコンシェルジュ(#9)(2015年TBS)
痛快TVスカッとジャパン(2016年)
運命に、似た恋(2016年 NHK総合 ドラマ10) 桜井つぐみ 役
三匹のおっさん・8話 (2017年)
【映画】
「おかあさんの木」 六郎役
「心が叫びたがってるんだ。」三嶋樹 役(2017年7月22日(土)公開)

 

 

 

平成維新軍 SAKAMOTO

 

特捜班メンバーの大山玲(新木優子)がハッカーだった時代、“トゥルース・トゥルーパーズ”というネット上のグループに所属していた過去が明らかになりました。
それはもみ消されうやむやにされた過去の政治がらみの事件を、明らかにしようと組織されたグループ。

平成維新軍は、かつての“トゥルース・トゥルーパーズ”ではないかという、大山玲の直感は、3話の最後に少年がパソコンに向かっているシーンで明らかになりましたね!
大山いわく、彼らは明治維新の志士たちの名前を名乗っていると言っていました。

そして、平成維新軍が相互にやり取りしているネット上の差出人には明治維新の志士たちの名前が!

この少年のネット上の名前は「SAKAMOTO」

この若者を演じているのが、こちらの今井悠貴さん。

 

平成維新軍SAKAMOTO役 今井悠貴さん

 

(出典:日本タレント名鑑)

これからまだ出番はたくさんありそうですね。
お母さんに「ご飯できたわよ」と呼ばれる、あどけない表情の男の子。

この組織は若者の組織。
若ければ若いほど、大人の汚さが浮き彫りになりますね。

 

《プロフィール》

いまい ゆうき

1998年12月30日
島根県出雲市出身
所属事務所 プロダクション尾木

3歳の時、「テレビに出たい」という本人の意向で子役の仕事を始める。
まりもっこりのテーマソングを歌う、CORICORIのメンバー「ゆうキング」でもある。

《主な出演作》

ごくせん 第1話(2005)大輔 役
ガリレオ 第2話(2007)上村忠広 役
ハガネの女(2010)賀茂和音 役
運命の人(2012)弓成洋一(少年期) 役
ビブリア古書堂の事件手帖 第4話(2013)玉岡昴 役
大河ドラマ 軍師官兵衛(2014)黒田熊之助 役

ほか

 

 

『CRISISクライシス』3話の撮影秘話

 

藤崎兄弟のお兄さん役、堀家一希さんが、インタビューで撮影時の秘話を語っています。

ドラマ『CRISISクライシス』第3話では、平成維新軍の大畑譲、正一と弟・誠二の3人が与党の政調会長・浜尾徹を殺害するところから始まります。

堀家一希さんは、台本を読んだあと、彼らがテロを起こす経緯にこの役に共感できると語っています。
正一たちなりの正義を持ってテロに荷担していくという事を納得して演じられたそうです。

 

 

『CRISISクライシス』3話・アクションシーン

 

『CRISISクライシス』の見どころは、やはりアクションシーンですよね。
この3話でも見ごたえのあるアクションシーンを披露していまの連続です。
最後には、小栗旬さんとの闘いのシーンはかなり激しいものでしたね!

そのシーンについても

「パンチの出し方にも色々とあって、正一はボクサーみたいに打てるわけではなく、かといって下手なわけではない。絶妙なバランスを取るのが難しかったです」

と語っています。

 

小栗旬さんから言われたありがたい言葉

また、堀家さんは、小栗旬さんや西島秀俊さんにケガをさせてはいけないという緊張が大きかったそうです。
そんな堀家さんに対して小栗旬さんは、

「手を抜かれたらこっちも本気になれない」と助言したんだそうです。

この言葉で緊張から解き放たれ、本当に殴り殺す勢いで、力を抜いて楽しめたそうですよ。

また待機中には、緊張する堀家を気遣い小栗さんが「緊張してるの?」と話しかけてくれたこと。
西島さんもフランクに話しかけてくれて、とても居やすい環境を作ってくれたと、感謝の気持ちを語っています。

 

俳優として尊敬

第3話のクライマックス、小栗さん、西島さんと銃を向けあうシーンでのこと。

堀家さんの顔がアップになるカットで、小栗さんと西島さんはその場にいる必要ないにも関わらず、堀家さんが演じやすいようにと、芝居に付き合ってくれたんだそうです。

いいドラマを作るために、細かいところにまで配慮を惜しまない小栗さん西島さんお二人を、俳優として心から尊敬していると語っています。

またこのシーン、堀家さんが涙を流しながら語るセリフがあったのを覚えていますか?

「この国の大人は、都合の悪いものを見ないし聞こうとしない。深く考えようともしない。だから、俺たちが銃を取って立ち上がらなくちゃいけないんだ」

これはドラマの真髄ともいえる、平成維新軍がテロを起こす理由でもあるとっても重要はシーンですよね。

ところがこのシーンで、堀家さんは涙が出ずにNG。
そんな堀家さんに小栗旬さんがなんと!

「集中するのにビンタしてあげようか?」

その言葉にありがたくお願いしたそうです!
突然の出来事に周りはザワついたらしいですが^^;

そのおかげで集中できたことや、NGを出しても小栗旬さんのそういう振る舞いや、皆さんの笑顔が優しいと、周りの気遣いに先輩俳優さんに感謝しているとのことでした。

 

 

まとめ

 

緊張感ある重要なシーンの裏側で、俳優としての先輩・小栗旬さん西島秀俊さんとのやりとりから、とてもいいドラマ作りがなされているんだろうなぁと、伺い知ることができますね。

それにしても小栗旬さんの気遣いはかっこよすぎますね!

以上『CRISISクライシス』第3話に登場したキャストの皆さんの紹介でした。
1話完結ならではの、その回のいわば主役です。
重要な役を、緊張しながらもしっかりとこなした若手俳優さんたちのこれからを大いに期待しましょう!

 

ドラマ『CRISISクライシス』3話の動画はこちらから視聴できます。
動画記事リンク

 

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年4-6月ドラマ, CRISIS 公安機動捜査隊特捜班