ついに登場!『おんな城主 直虎』織田信長役は市川海老蔵!直虎と信長ってどんな関係?

      2017/03/31

2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』、ここに登場する織田信長は、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが演じることが発表されました!

信長好きの私としては、とうとう海老蔵さんやるのか~と、期待が膨らみ少々興奮状態でございます。

信長は今までもNHK大河ドラマを始め、色々なドラマで、たくさんの俳優さんたちが演じてきました。
ときにはヒーロー、ときには悪者…それぞれ演じ方や脚本、原作者の見解などで、いろいろな信長が演じられていますよね。
大きく違いが出てくる要因としては、やはりその「ドラマの主人公にとっての信長の存在」だと思います。

今川の支配下にある井伊家は、「信長の敵」です。
ということは、まずは敵としての織田信長が描かれることでしょう。

ホームページで発表された市川海老蔵さんの信長は、そんな展開を予感させる鋭い表情をしていますね。

今回は、『おんな城主 直虎』で織田信長を演じる市川海老蔵さんと、直虎と信長の関係をまとめました。

 

 

『おんな城主 直虎』信長を演じる市川海老蔵さん

 

 

市川海老蔵さんプロフィール

 

歌舞伎役者・俳優

本名:堀越寶世(ほりこしたかとし)
襲名歴:七代目市川新之助/十一代目市川海老蔵
生年月日:昭和52年12月6日
出身:東京都
身長:176㎝
血液型:AB型
特技:バスケットボール
趣味:相撲鑑賞

《主なテレビドラマ出演作品》
NHK大河ドラマ『花の乱』にて“足利義政の青年時代”
朝日放送第8回時代小説大賞スペシャル『仲蔵狂乱』にて“中村仲蔵”
平成15年NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』にて“宮本武蔵” など

 

 

市川海老蔵さんのコメント

 


(引用:公式ホームページ)

私にとっては、2003年の〈武蔵 MUSASHI〉以来の大河ドラマとなります。久しぶりに大河のスタジオで撮影をして、懐かしい場所に帰ってきたなという思いです。今回演じる役は織田信長。過去にも舞台で演じた経験はありますが、計り知れない“強さ”と“怖さ”を持った魅力ある男だと思います。楽しみにしていてください。

ハイ!!!楽しみにしています!

 

スポンサーリンク

 

 

織田信長とはどんな人物?

 

 

あらたまってなんですが…
織田信長という人を簡単に紹介します。

 

織田信長を超簡単に説明するとこんな人

 

織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名です。

尾張の一大名に過ぎたかった織田信長でした。が!

1560年(27歳)の桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)にて今川義元(いまがわよしもと)を討つとその名は一躍世間に知れ渡ることとなります。

1568年(35歳)には、 足利義昭を支持し、15代将軍への就任の手助けをします。

しかし!信長が目指すは天下人。
そのためには「まず朝廷と将軍のいる京都を制し、そこから全国に支配を広げる」ことを考えました。

そうすればもちろん、将軍足利義昭とも険悪に・・・。 
足利義昭は武田信玄(たけだしんげん)、朝倉善景(あさくらよしかげ)、浅井長政(あさいながまさ)ら大名や延暦寺(えんりゃくじ)、石山本願寺(いしやまほんがんじ)などの宗教勢力に決起をうながし、「信長包囲網」を築き上げます。

しかし、 1571年(38歳)に信長の手により比叡山延暦寺を焼き討ち
1573年には義昭は信長により京都から追放。
ここで室町幕府が終わります。

続いて朝倉氏、浅井氏も滅亡(姉川の戦い)され、石山本願寺も信長により屈服させられます。

まさに向かうところ敵なし、破竹の勢いで次々と攻め滅ぼしていったのです。

1582年にはついに長篠の戦いで武田氏をも滅ぼし、天下統一も目前・・・。

ここで信長にとっての悲劇が!突如、
部下の明智光秀(あけちみつひで)の裏切りにあい天下への志半ばで、京都の本能寺(ほんのうじ)で自害することになるのです。(本能寺の変

 

織田信長が戦(いくさ)以外でやった偉業

 

織田信長の才能は戦だけではありません。
政治でもその常識にはとらわれない天才ぶりを発揮しました。

信長が支配する土地では、楽市楽座(らくいちらくざ)を奨励します。
商工業が自由に取引できるようにしたり、関所を取りやめ流通を活性化させました。

また、信長は鉄砲にも早くから目をつけ、1575年の長篠の戦いでは騎馬隊で襲い掛かる武田軍を3千丁の鉄砲隊で応戦したのは有名な話です。

信長は新しいもの好きで、西洋の文化も積極的に取り入れたんですよね。

その結果、1576年には当時では例を見ない斬新な城、絢爛豪華な安土城(あづちじょう)を築き上げました。

 

直虎と織田信長の関係は?

(ネタバレがあります!)

 


(出典:http://mantan-web.jp)

気になるのは今回の大河ドラマの主人公、井伊直虎と織田信長との関係ですよね。

まず、大きく関わっていると考えられるのは“桶狭間の戦い”です。

尾張を統一していた大名の織田信長に、駿河の今川義元が2万5千といわれる大軍を動員して侵攻、今川の家臣だった直虎の父親・井伊直盛も出陣しています。
信長は3000というわずかな軍勢で雨に乗じて本陣に奇襲をかけ、結果織田軍が勝利しました。

桶狭間の戦いにより、今川義元と井伊直盛は亡くなっています。

このことから、直虎にとって織田信長は“父親の仇”と言える存在になります。

また織田信長が家臣の明智光秀に討たれた1582年の“本能寺の変”の際、徳川家康が“伊賀越え”したことも有名です。
明智軍に遭遇しないようにと、家康はわずかな供回りで険しい山道を通って三河国まで帰還しました。

ここに登場するのが直虎の養子・井伊直政。
直政はこの供回りの中の1人で、家康を守り抜き、深く感謝されて褒美を受け取ったと言われています。

その後直虎は亡くなります。

直虎と信長が直接対面していたかどうかは分かりません。
同じ戦国時代に生きた2人には深い関わりがあったようです。

井伊家存続の危機を招き、直虎をおんな城主へ導くきっかけは、織田信長だったと言えますね。

 

 

 まとめ

 

2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』、戦国時代をたくましく生き抜いた、女性の物語。
しかしここにやはり、なくてはならない人物・織田信長が登場します!
織田信長役は、市川海老蔵さん。
海老蔵さんがどのような信長を演じてくれるのかとても楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

 - おんな城主 直虎, 大河ドラマ