『おんな城主 直虎』7話・“川名の隠れ里”あの美しい棚田はここにある!

      2017/04/14

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第7回が放送されましたね。
7回のタイトルは「検地がやってきた」でした。
その名の通り、井伊谷に田畑などの農地がどのくらいあるかという検地が、奉行によって行われたんですよね。

そこで最後まで隠し通そうとした井伊直平の隠居地、川名の隠れ里。
最後には役人に見つかってしまいましたが、何とかごまかすことができた…その土地がドラマの中で言われる「川名の隠れ里」です。

美しい棚田が広がり、実った稲穂がキラキラと風に揺れている、なんとも言えない美しい風景でしたよね!
まさしく今も昔も変わらない、日本の風景です。

その「川名の隠れ里」、今回はそのロケ地を紹介します。

 

『おんな城主 直虎』感動の7話の動画はこちらからご覧になれます。
⇒動画記事リンク

 

スポンサーリンク

 

第7回に登場した「川名の隠れ里」はここ!

 

「川名の隠れ里」ロケ地 「久留女木の棚田」

 

(引用:静岡県公式ホームページ)

 

「川名の隠れ里」のロケ地は、浜松市北区にある「久留女木の棚田」です。

史実も残る、正真正銘の直虎ゆかりの地です。
今回まさしくその地がロケ地となりました。

 

広大な棚田は約800枚!

 

久留女木地区は、浜松市北区引佐町の北東部にあります。

標高は250mほど。
60余の世帯からなる集落と、棚田7.7ha、約800枚が広がっているそうですよ!

当然、「日本の棚田百選」「静岡県棚田等十選」にも選ばれています。

 

 

地元の皆さんの協力あってのドラマ撮影

 

「おんな城主 直虎」7話で検地奉行・岩松の奥方のために直虎(柴咲コウ)がお経を捧げたシーンはじ~んときました。
これはその撮影シーンを収録したときのツイートですね。

撮影が10月に予定されていたため、稲刈りの時期を撮影時期に合わせられるようにしたり、耕作放棄された棚田を復活させるなど、地元の皆さんの協力あっての撮影だったようです。

ドラマの、ましてや大河ドラマの撮影は大変なんですね~!

 

 

スポンサーリンク

 

ロケ地、「久留女木の棚田」へ行くには?

 

(引用:静岡県公式ホームページ)

●住所:浜松市北区引佐町西久留女木

●アクセス:JR浜松駅から車で50分
東名浜松西ICより約40分
東名浜松ICより約50分
新東名浜松SAスマートICより約30分

詳しくは静岡県公式ホームぺ―ジに載っています。

 

訪れる際は節度ある行動を!

 

ここでひとつ注意しなくてはならないのは、こちらの久留女木の棚田はあくまでも私有地であるということです!

訪れる際には、地域住民の皆様に迷惑にならないように気を付けましょう!

 

まとめ

 

大河ドラマ『おんな城主 直虎』第7回の放送で、この美しい棚田の風景をみてテレビにくぎ付けになったのは私だけではないでしょう。
これぞ日本の宝、といった見事な景色でした。
しかし、その裏で地域の皆さんの絶え間ない努力によるものであることも理解しなければいけませんね。
「川名の隠れ里」…久留女木の棚田、ぜひ一度訪れたい秘境です。

 

『おんな城主 直虎』感動の第7話の動画はこちらからご覧になれます。
⇒動画記事リンク

 

スポンサーリンク

 

 - おんな城主 直虎, 大河ドラマ