キムタク主演のドラマ・主題歌予想!伝説的ロックバンド“オアシス”の名曲か?!

      2017/07/10

 

【追記】

TBS日曜劇場、木村拓哉さん主演『A LIFE~愛しき人~』の主題歌が、B’z の新曲「Still Alive」であることが分かりました。
残念ながらオアシスという予想は外れてしまいましたが、B’z 「Still Alive」と共にドラマの行方も注目していきたいと思います。
(関連記事:キムタク『A LIFE~愛しき人~』主題歌解禁!B’z の新曲「Still Alive」に感謝!

「オアシス」について詳しく知りたい方は、是非読み進めてください。

 

 

1月15日から、2017年最初のTBS日曜劇場、木村拓哉さん主演『A LIFE~愛しき人~』が始まります。

このドラマに関して、キャスト・内容などは既に発表されていますが、主題歌に関しては今だ発表されていません。

まったく予測の域から出ませんが、予告CMや情報番組である「王様のブランチ」でドラマの紹介がされた際に流れていた音楽が、オアシスの「Don’t Look Back In Anger」であることがわかりました。

オアシスといえば、イギリスの伝説的ロックバンド。

キムタク主演のドラマやCMなどには、これまでも多くの洋楽が起用されてきました。

その歴史をだどると、今回の『A LIFE~愛しき人~』の主題歌が、洋楽である、オアシスの「Don’t Look Back In Anger」だったとしたらなるほど!と納得してしまいます。
今回はこの『A LIFE~愛しき人~』の主題歌であるとの予想で、オアシスについて詳しく見ていきましょう。

イギリスの伝説の国民的ロックバンド”オアシス”について、知っておくものいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

Oasisとは?

 


1991年結成。英語での発音は”オウエイスィス”。

ビートルズ、ローリング・ストーンズなどから続く正統派ブリティッシュ・ロックを踏襲した、ブリットポップ・ムーブメントの代表格であり、近年のイギリスの国民的ロックバンド。
世界的にも人気があり、全世界でのCDトータルセールスは7000万枚を超える。(2009年時点)

バンドの核となるギタリストのノエルとボーカルのリアムからなるギャラガー兄弟は、同じくアイルランド系・労働者階級出身であるビートルズを大変敬愛している。
「アイ・アム・ザ・ウォルラス」や「ヘルター・スケルター」などを時折演奏する他、ファッションや自身の曲に於いてもその影響をみることができる。
また、そのスキャンダラスな言動は常に人々の注目を集めた。

ファッションにおいても多くの若者の注目を集めた。
それまでエルヴィス・プレスリーがリーゼントで固めた頭に革ジャンを、パンク・ロックが切り裂かれたTシャツとロックバンドは得てして「反社会的」「非日常的」とされる出で立ちで身を固めていたが、オアシスはウインドブレーカーやジャージといった労働者階級の普段着を着てライブやインタビューに臨んでいたことは新鮮であった。

2009年8月にノエルが脱退を表明したことで事実上の解散。
2010年、残されたメンバーは新バンド「ビーディ・アイ」を結成した。

(出典:オアシス Wikipedia)

 

主題歌か?と予想される「Don’t Look Back In Anger」について

1995年10月、2ndアルバム『モーニング・グローリー』に収録。
UKチャート1位。
アルバム売上枚数は全世界で約1000万枚以上を記録(2008年時点)している。
ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が持っていた英国アルバム売り上げ記録を約30年ぶりに更新(現在はクイーンとビートルズに抜き返されている)。

 

Oasisの作品

◆スタジオ・アルバム

・1994年-オアシス(Definitely Maybe)
・1995年-モーニング・グローリー(〈What’s the Story〉Morning Glory?)
・1997年-ビィ・ヒア・ナウ(Be Here Now)
・2000年-スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ(Standing on the Shoulder of Giants)
・2002年-ヒーザン・ケミストリー(Heathen Chemistry)
・2005年-ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース(Don’t Believe the Truth)
・2008年-ディグ・アウト・ユア・ソウル(Dig Out Your Soul)

◆ライブ・アルバム

・2000年-ファミリアー・トゥ・ミリオンズ(Familiar to Millions)

◆コンピレーション・アルバム

・1998年-ザ・マスタープラン(The Masterplan)
・2006年-ストップ・ザ・クロックス(Stop the Clocks)
・2010年-タイム・フライズ…1994-2009(Time Flies…1994-2006)

(出典:Wikipedia(オアシス)

Oasis の代表的な曲

◆Rock’N’Roll Star(1994年のアルバム『Definitely Maybe』に収録)

◆Live forever (1994年8月 3rdシングル。UKチャート10位)

◆Whatever(1994年12月クリスマスシングル。UKチャート最高3位)

◆Some Might Say(1995年4月シングル。UKチャート1位)

◆Wonderwall(1996年『モーニング・グローリー』からの3作目のシングル。アメリカMTVアウォードでベストグループを受賞)

Don’t Look Back In Anger(『モーニング・グローリー』からシングルカット)

◆Don’t Go Away(1997年発売3rdアルバム『Be Here Now』に収録)

◆All Around The World(同上)

◆Stop Crying Your Heart Out(2002年、20枚目のシングル)

◆Stand By Me(1997年、通算14枚目のシングル)

 

スポンサーリンク

 

Oasisプチ情報

ノエルギャラガーはデビュー当時からU2を目標としており、オアシスの将来について「アメリカでもイギリスと同じように成功し、U2になるのが俺のデカイ夢」と話していた。

・ノエルの前妻メグ・マシューズとジョニー・デップの元恋人であったケイト・モスは友人であることから、ジョニー・デップとノエルは親交があり、その縁もあって、デップはオアシスの3rdアルバム『ビィ・ヒア・ナウ』収録の「フェイド・イン・アウト」にスライドギターで参加している。その礼としてデップは「P」という文字の入った白いギターをノエルに贈っている。

・オアシスから影響、インスピレーションを受けていると公言しているアーティスト
アークティック・モンキーズ、
ザ・キラーズ、
ザ・コーラル、
カサビアン、
ザ・ビュー、
マルーン5など。

意外な所では、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ、サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元サッカーイタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロ、元サッカー日本代表の松田直樹、お笑い芸人の東野幸治らもオアシスのファンとして有名である。マリリン・マンソンとも交遊があり、ライブにノエルとリアムが招待された。
カート・コバーンの一人娘も好きなミュージシャンの一人にオアシスを挙げている。

(出典:Wikipedia(オアシス))

●まとめ

今回の木村拓哉さんのドラマ『A LIFE~愛しき人~』の主題歌が、オアシスの「Don’t Look Back In Anger」ではないか、との仮説から、オアシスについて詳しく調べてみました。

木村さん主演のドラマの主題歌には過去にも、クイーンヴァン・ヘイレンディープ・パープルなどの多くの海外アーティスト楽曲が使われています。
どれも伝説的なアーティストばかり。

そう考えると、今回のドラマの主題歌、オアシスの楽曲だとしたら納得せざるをえません。

ドラマのキャスティングにあたっても、SMAP解散の影響を受けてか、なかなか決まらないという事態も起きたようで、波乱含みの2017年第一弾のTBSドラマになりました。

まだ発表されていない主題歌、もしも予想通りオアシスの楽曲であれば、質の高い洋楽をバックに、ドラマの質をどこまで上げることができるか。注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 - A LIFE~愛しき人~