もう一度見たい!SMAPメンバー主演・連続ドラマ視聴率ランキング!!!

      2017/07/10

 

2016年をもって解散を決定したSMAP

SMAPのメンバーが主演を務めた連続ドラマを、視聴率ランキング順に並べてみました。

もう一度見たい!と思うドラマがきっとありますよ~^^。

スポンサーリンク

 

(数字は関東地区の視聴率(ビデオリサーチ調べ)。2クール以上のドラマや単発ドラマは除く。また、概要・あらすじはWikipediaより)    

目次

第1位 木村拓哉 HERO 34.3%

2001年1月8日~3月19日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送
SPの視聴率は30.9%

木村拓哉演じる型破りで正義感の強い一見チャラ男の検察官、久利生 公平(くりう こうへいと、松たか子演じる一見生真面目だがどこかとぼけたところのある検察事務官雨宮 舞子(あまみや まいこ)のコンビの捜査活動を、同僚検事たちの巻き起こすコメディを交えて描かれた。
平均視聴率は34.3%、最高視聴率は36.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、特に関東地区では全ての放送回で視聴率30%超を記録する大ヒット作となった。

 

第2位 木村拓哉 ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ 32.3%

2000年1月16日~3月26日
TBS系毎週日曜21時枠で放送

腕はあるが人気のない美容師の沖島 柊二(木村拓哉)と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書・町田 杏子(常盤貴子)を描いたラブストーリー。平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%を記録。正式なタイトル表記は英語だが、新聞のラテ欄は英語が使えないため、カタカナ表記になった。第26回放送文化基金賞本賞受賞(1999年度)。
このドラマをきっかけに、バリアフリーという言葉が広く一般に知られるようになった。

 

第3位 木村拓哉 ラブジェネレーション 30.8%

1997年10月13日~12月22日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

SMAPの木村拓哉松たか子が「ロングバケーション」以来の共演で話題となった連続ドラマ。松たか子は本作で月9初ヒロインを務めた。
全11話の平均視聴率は30.8%を記録(第3、5、8話以外は全話30%以上の視聴率を記録)、放映当時としてはフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマにおいて最高記録となった(後に「HERO」が更新する)。また、大瀧詠一が実に12年ぶりに新曲を発表し、主題歌に起用されたドラマとしても知られている。

あらすじ
広告代理店のクリエイティブ部で働く片桐哲平(木村拓哉)は突然、志望していない営業部への異動を命じられる。追い討ちをかけるようにかつてのガールフレンド・水原さなえ(純名里沙)が兄・荘一郎(内野聖陽)と婚約したことを知り、公私共に最悪だった。おまけに異動先の営業部ではナマイキなOL・上杉理子(松たか子)に自慢のロン毛をバッサリと切られてしまう。哲平は理子とケンカをしながらも慣れない営業の仕事をこなしていくが、やがて二人の仲は運命の恋へと発展していく。

 

第4位 木村拓哉 GOOD LUCK!! 30.6%

2003年1月19日~3月23日
TBS系毎週日曜21時枠で放送

ANAを舞台に、木村演じる若手の旅客機パイロット・新海元(木村拓哉)を中心に、恋愛と仕事に生きる人達を描く青春ドラマ。ヒロインは柴咲コウ。共演に堤真一黒木瞳竹中直人いかりや長介など豪華俳優陣が脇に集まった。
第1話放送後から、撮影に全面協力していたANAの株価が上昇。ドラマ放送後、JALなど航空業界への就職希望者が急増する現象が起き、柴咲が演じた航空整備士を志願する女性は今でも多くいる。この航空業界への就職ブームについては、当のTBSのニュース番組の中で当時取り上げられた。

 

第5位 木村拓哉 ロングバケーション 29.6%

1996年4月15日~6月24日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

「月曜日はOLが街から消える」と週刊誌などで言われ、このドラマの影響でピアノを習い始める男性が増えるなど「ロンバケ現象」なる社会現象を巻き起こした作品。SMAPの木村拓哉は、本作で連続ドラマ初主演を務め、国民的人気を得ていくきっかけとなった。
竹野内豊や松たか子、稲森いずみ、広末涼子といったのちに連続ドラマ主演級となった俳優・女優が多数共演し、豪華な顔ぶれとなっている。
本編の最終回ラストシーンはボストンからリアルタイムで生中継されたが、実際はロンドンのHolland Park Avenueで撮影されたものである。これはドラマ史上希なことである。そのため放送時は映像の乱れが多々あった。

あらすじ
落ち目のモデル、葉山南(山口智子)は結婚式当日に婚約者が失踪してしまい、そのルームメイトだった冴えないピアニスト、瀬名秀俊(木村拓哉)とやむを得ず同居することになる。婚約破棄で落ち込む南に瀬名は人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だと考えようと提案し励ますが、一方で瀬名も自分の才能に自信を持てず、後輩の涼子との恋もなかなか進展しない。瀬名と南はトラブルだらけの同居生活の中で、次第にお互いがかけがえのない存在になっていく。

 

第6位 木村拓哉 眠れる森 25.2%

1998年10月8日~12月24日
フジテレビ系毎週木曜22時枠で放送

あらすじ
蘭専門の植物園で働く実那子(中山美穂)は、3か月後に恋人・輝一郎(仲村トオル)との結婚を控えていた。実は、実那子は15年前の市議会議員一家惨殺事件の生き残りの次女であったが、当時の記憶を失っていた。事件直後、警察は実那子の姉・貴美子と恋人関係にあった大学生・国府(陣内孝則)を逮捕する。
ある日、実那子は事件の直後にもらったラブレターを見つけ、その差出人に会うため、故郷の「眠れる森」に出かける。そこで待っていたのは、実那子の過去から現在までのすべてを知る謎の男性・直季(木村拓哉)だった。同じころ、模範囚だった国府が仮出所し、「あいつに相応しい地獄を考えている」と告げて行方をくらます。
不審かつ不可解な行動を取る人物が錯綜する中、実那子の葬られた記憶と過去、そして惨殺事件の真実が明らかになっていく。

 

第6位 木村拓哉 プライド 25.2%

2004年1月12日~3月22日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーに情熱を燃やす青年の奮闘をメインに、それに絡むOLとの恋愛模様、また選手との人間関係をリアルに描いた「スポ根(スポーツ根性モノ)ラブストーリー」という形を採用した。
主演は木村拓哉、ヒロインには竹内結子。木村拓哉演じる里中ハルのコーチに佐藤浩市、同じホッケーチームのメンバーに坂口憲二市川染五郎佐藤隆太。また女性陣は竹内結子演じる村瀬亜樹の同僚に中越典子MEGUMI

 

第8位 木村拓哉 華麗なる一族 24.4%

2007年1月14日~3月18日
TBS系毎週日曜21時枠で放送

山崎豊子の同名小説が原作。
このドラマは、TBSの開局55周年記念番組の一つとして位置付けられており、TBSのみならずJNN各局も力を入れ、中でも放送局がこのドラマの番宣CMを製作し放映するケースも見られた。
JNN各局で最終回の視聴率が開局以来の新記録が続出し、毎日放送では平均視聴率39.3%を獲得、2006年の「NHK紅白歌合戦」(第57回)(第二部)を抜いたことにより、各スポーツ紙が取り上げた。

設定
原作および、これまでの映画・ドラマでは、阪神銀行頭取の万俵大介が主役だったが、この作品では大介の長男で万俵財閥の主力企業である阪神特殊製鋼の専務を務める鉄平が主役に変更されている。
ドラマの時代設定は1960年代の神戸。物語は万俵財閥が神戸の岡崎財閥、阪神銀行は岡崎財閥の中核企業である旧神戸銀行、そして1965年に神戸銀行の融資系列であった山陽特殊製鋼で発生した山陽特殊製鋼倒産事件をモデルにしたものといわれている。劇中の阪神銀行は、実在の阪神銀行(現みなと銀行)とは関係ない。また、原作では鉄平が勤務する会社名は「阪神特殊鋼」となっているが、本ドラマでは「阪神特殊製鋼」と変更されている。これも、実在の阪神特殊鋼(大阪市)とは関係がない。

 

第9位 香取慎吾 西遊記 23.2%

2006年1月9日~3月20日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送
木村拓哉が友情出演
SPの視聴率は20.2%

中国の古典小説『西遊記』をモチーフにしながらも、大胆に内容が改編され、名前は使いながらも登場人物の設定が変更されたキャラクターや完全なオリジナルキャラクターがほとんどで、むしろ全く別の西遊記というにふさわしい。
主要ロケ地は東郷湖畔にある日本最大の中国庭園「燕趙園」。

孫悟空(そんごくう)… 香取慎吾(SMAP)
沙悟浄(さごじょう)… 内村光良(ウッチャンナンチャン)
猪八戒(ちょはっかい)…伊藤淳史
三蔵法師(さんぞうほうし)… 深津絵里

 

第10位 木村拓哉 空から降る一億の星 22.6%

2002年4月15日~6月24日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

明石家さんまと木村拓哉のダブル主演のラブサスペンスドラマで、2人の初共演、明石家さんま初の月9ドラマ出演と大きな話題を呼んだ。平均視聴率22.6%。関西地区では視聴率30%に達したことがある。

あらすじ
独身の刑事、堂島完三(明石家さんま)は妹の優子(深津絵里)と二人暮らし。完三は女子大生殺害事件の担当になり、その後おきた殺人事件で、完三は知人の西原美羽(井川遥)の誕生日パーティーで出会ったコック見習いの片瀬涼(木村拓哉)に目をつける。その中で優子は涼に惹かれていく。
しかし、完三と優子、そして涼にはそれぞれ秘密があった。涼が失われた記憶を探る中、事態は悲劇へと向かっていく。

 

第11位 木村拓哉 エンジン 22.6%

2005年4月18日~6月27日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

あらすじ
神崎次郎(木村拓哉)は世界的にも有名なレーシングドライバー。フォーミュラカー(設定上は国際F3000)を運転し、チーム側からも絶大な信頼を得ていたが、外国人のチームメイトとのトラブルで契約を切られ、年齢的な問題もありやむなく日本へ帰国。
次郎はとりあえず次の居場所を見つけるため、以前家出をした実家へ一時居候。しかし本人の知らぬ間に父と姉(婚姻歴・離婚歴あり)は実家を利用して児童養護施設を経営していた。そこには家庭環境不良・虐待などで家族と暮らせず心に傷を負った子供たちと、その子供たちの世話をしている理想主義の保育士・朋美(小雪)、現実的な指導員・鳥居(堺雅人)らが待っていた。
子供の大嫌いな、大きな子供・次郎と、身寄りを失った子供たちとのふれあいが始まる。そして、次郎は再びサーキットに戻っていくことができるのか…?

 

スポンサーリンク

 

第12位 木村拓哉 CHANGE 22.1%

2008年5月12日~7月14日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

小学校の教師だった一人の青年・朝倉啓太(木村拓哉)が、不慮の事故で衆議院議員だった父を亡くし、父の後継者として補欠選挙に出馬・当選し、総裁選を経て内閣総理大臣となり、政界で奮闘する姿を描く。
キャッチコピーは「日本を変えるのは、あなたかもしれない。」

 

第13位 香取慎吾 人にやさしく 21.4%

2002年1月7日~3月18日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送
中居正広が友情出演

あらすじ
東京、原宿の「3ピース」の看板を掲げた大きな一軒家に、原宿中学校歴代ボスである前田前(香取慎吾)・山田太朗(松岡充)・大坪拳(加藤浩次)が3人で暮らしている。借金返済の毎日で極貧生活。ある日、前は家の前で100万円の入った封筒を拾う。3人は思わず全て使ってしまうが、そのお金はここを訪ねてきた小学1年生・五十嵐明(須賀健太)が落としたお金だったのだ。その男の子は「この子を預かって下さい」という母親からの手紙を差し出し、3人はこの子を預かることになったのだった。
明を育てていくことにより、お互いがお互いを見つめあいながら共に成長していく青春“子育て”グラフィティー。

 

第14位 木村拓哉 HERO 2 21.3%

2014年7月14日~9月22日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

設定としては前作の「続編」となるが、久利生(木村拓哉)の“相方”となる事務官が麻木千佳(北川景子)に交代となったほか、久利生以外の検事がすべて入れ替わった。一方で、城西支部の部長検事だった牛丸豊(角野卓造)が東京地検の次席検事に“出世”したという設定で登場するほか、事務官の末次(小日向文世)、遠藤(八嶋智人)、警備員の井戸(正名僕蔵)、バーのマスター(田中要次)などは前作からの続投となっている。第1期のレギュラーも何人かはゲスト出演している。

 

第15位 草彅剛 僕と彼女と彼女の生きる道 20.8%

2004年1月6日~3月23日
フジテレビ系毎週火曜22時枠で放送
SPの視聴率は20.6%

『僕シリーズ3部作』の2作目で、本作は「絆」をテーマとしている。主演の草彅剛をはじめ大杉漣、小日向文世、浅野和之は『僕の生きる道』からの続投となる。平均視聴率20.8%、最高視聴率27.1%はいずれも3部作の中で最高となっており、草彅にとっては自身最大のヒット作である。また、娘役を演じた美山加恋は本作で一躍注目を集めることとなった。
あらすじ
仕事にしか興味がなく、家庭のことなど全く無関心な銀行員の男性・小柳徹朗(草彅剛)はある日、突然妻から離婚を切り出される。理由もわからず戸惑う徹朗だったが、妻は幼い一人娘・凛(美山加恋)を残して、家を出てしまう。最初、娘は妻の実家に預けようと徹朗は考えるが、凛の家庭教師の女性・ゆら(小雪)のアドバイスもあり、娘と暮らし続けることを決意する。徹朗は次第に父親としての自覚を持っていく。

 

第16位 木村拓哉 MR.BRAIN 20.5%

2009年5月23日~7月11日
TBS系毎週土曜20時枠で放送
香取慎吾が友情出演

不慮の事故が原因で右脳が発達した、警察庁科学警察研究所(IPS)に所属する元ホストの脳科学者・九十九龍介(つくも りゅうすけ)が、脳科学者としての類いまれな才能と彼独自の脳科学的アプローチによって難事件を解決していく本格ミステリー。

このドラマはフィクションである(番組の最後にも「このドラマはフィクションです。」と表記してある。)。九十九のキャラクター造形に使用されている「右脳・左脳」論は、経済協力開発機構(OECD)の報告書『Understanding the Brain: The Birth of a Learning Science』(ISBN 9789264029125)によると「神経神話」であると報告しており、第1話で九十九が発言した「人間の脳はまだ5%しか使ってない」という説明も、同様な「神経神話」(脳科学の成果に基づいているようでありながら、科学的根拠は証明されていないこと)であると報告している。

 

第17位 草彅剛 いいひと。 20.4%

1997年4月15日~6月24日
フジテレビ系毎週火曜22時枠で放送
中居正広・木村拓哉・香取慎吾が友情出演
主題歌 SMAP「セロリ」

底抜けの「いいひと」北野優二(以下、作中表記に準じ「ゆーじ」と表記)と、目の前に現れた「いいひと。」の存在に触発され(あるいは感化され、あるいは反発し、あるいは変わらないまま)ながら生きる、たくさんの人々の物語である。

あらすじ
ゆーじ(草彅剛)は北海道出身の青年で、高校・大学と陸上部の長距離走選手だった自分に夢を見させてくれた愛用のシューズの販売元、国内最大手のスポーツ用具メーカー「ライテックス」が好きだからと、上京して同社の面接を受ける。持ち前のお人好しぶりから様々な厄介事に巻き込まれて面接に遅刻したり、紆余曲折を経ながらも入社を果たす。そして入社後、新入社員を代表してスピーチを行うが、その場面で社長に苦言を呈す。その後、様々な思惑により、様々な部署を異動する事になるが、最初は不審がられたり反感を持たれたりしながらも、持ち前の人の好い性格で周りの人の心を動かしていく。

 

第18位 中居正広 白い影 20.3%

2001年1月14日~3月18日
TBS系毎週日曜21時枠で放送

『白い影』(しろいかげ)は、1973年に放送されていた日本のテレビドラマで田宮二郎主演の「白いシリーズ」の第1作だった。
2001年に中居正広主演で再びドラマ化された。
原作は渡辺淳一の『無影燈』。

あらすじ
町の病院を舞台に、優れた技術を持つ一方、無愛想でどこか謎めいた外科医・直江庸介(中居正広)と、最初は彼を非難していた看護婦の志村倫子が惹かれあっていく物語。しかし、直江の身体は病に蝕まれていた…。

 

第19位 中居正広 砂の器 19.6%

2004年1月18日~3月28日
TBS系毎週日曜21時枠で放送

松本清張の『砂の器』を和賀英良(犯人)視点で描くヒューマンサスペンス!
都会の駅の操車場で起きた、とある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説であり、清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。

 

第20位 中居正広 伝説の教師 19.1%

2000年4月15日~6月24日
日本テレビ系毎週土曜21時枠で放送
木村拓哉が友情出演

松本人志と中居正広がW主演を務める「コメディ学園ドラマ」。従来「ドラマには(友情出演以外)出ない」との姿勢だった松本の初の本格出演ドラマであり、イジメ問題・死生観・性・少年犯罪などシリアスなテーマも取り扱っている。

ストーリー
教師としての熱意を持てず、マニュアル通りにしか処理しない、典型的サラリーマン教師のために全く成果を上げられない風間大輔(中居正広)。彼の担任する2年D組は荒れ果ててしまい、学校側はそれを立て直すために風間を副担任に降格させ、過去にいくつもの荒れ果てた学校を立て直し、数々の学校を渡り歩いてきた“伝説の教師”南波次郎(松本人志)を呼び寄せる。しかし、南波はとんでもないデタラメ教師だった。

 

スポンサーリンク

 

第21位 香取慎吾 薔薇のない花屋 18.8%

2008年1月14日~3月24日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

花屋を営み、男手一つで娘を育てている男性を中心に様々な愛を描きつつ、サスペンス要素も含むヒューマンラブストーリー。

ストーリー
汐見英治(香取慎吾)は彼女の死後、彼女(本仮屋ユイカ)の忘れ形見の雫(八木優希)と8年間共に過ごしていた。花屋『フラワーショップ雫』の店長を務める英治はある雨の日、盲目のふりをする女性・白戸美桜(竹内結子)と出会う。次第に心を通わす英治と美桜。だがその出会いの裏には英治を激しく憎む男・安西(三浦友和)の姿があった。この出会いは安西の周到なる罠の一端に過ぎなかったのだ。

 

第22位 草彅剛 成田離婚 18.6%

1997年10月15日~12月17日
フジテレビ系毎週水曜21時枠で放送

ストーリー
クリスマスの夜、田中夕子(瀬戸朝香)は失恋したが、同じ会社の星野一朗(草彅剛)と出会い、恋におちた。2人は挙式を済ませ、新婚旅行へ出発した。旅行中の一朗の態度に我慢し続けた夕子であったが、ついに帰国後の成田国際空港で不満が爆発した。口論の末、2人は離婚を決意する。

 

第23位 草彅剛 僕の歩く道 18.3%

2006年10月10日~12月19日
フジテレビ系毎週火曜22時枠で放送
主題歌 SMAP「ありがとう」

『僕の生きる道』(2003年冬季)『僕と彼女と彼女の生きる道』(2004年冬季)に続く橋部敦子脚本の“僕シリーズ3部作”の完結作である。

あらすじ
主人公の大竹輝明(草彅剛)は先天的な障害により、10歳程度の知能までしか発達しなかった31歳の自閉症の青年。家族は、母の里江(長山藍子)と妹のりな(本仮屋ユイカ)の3人暮らしだが、二世帯住宅の家に、輝明の兄・秀治(佐々木蔵之介)の家族も住んでいる。輝明は、幼なじみで、動物園の獣医である松田都古(香里奈)に動物園の飼育係をやってみないかと勧められ、動物園で働くことになったが……。物語は、輝明の純粋かつ直向きに生きる姿を描く。

 

第24位 木村拓哉 ギフト 18.2%

1997年4月16日~6月25日
フジテレビ系毎週水曜21時枠で放送
草彅剛が友情出演

連続ドラマ単独初主演となる木村拓哉が演じる記憶喪失の青年の葛藤を描く社会派サスペンスドラマ。当時は恋愛ドラマの人気が高かったため、異色のテーマ設定だった。

あらすじ
代議士・岸和田(緒方拳)は、横領した51億円と共に失踪した。横領の共謀者である奈緒美(室井滋)は、岸和田の部屋に残されたクローゼットの中から、血まみれの意識を失った青年(木村拓哉)を発見する。3年後、「早坂由紀夫」(木村拓哉)と名付けられた彼は、奈緒美の元で様々な「ギフト」の配達を請け負う「届け屋」として働いていた。記憶喪失の早坂由紀夫。異様に足が速く、「届ける」ということに異様な執念を持つが、それは記憶を失う前と関係があるのか?「届け屋」という仕事をしていく中で、由紀夫はさまざまな人と出会い、記憶を取り戻していく…。

 

第24位 香取慎吾 透明人間 18.2%

1996年4月13日~7月6日
日本テレビ系毎週土曜21時枠で放送

香取扮する主人公が透明人間となって悪事を暴くという物語で、香取の全裸、尻丸出しの演技が話題となった。
序盤は殺人事件などを扱いながらも明るい雰囲気で、一話完結型のコミカルなストーリーだが、第9回以降は「DEAD ZONE IN ZEUS」の副題がつき、敵であるゼウスグループとの本格的な対決を主軸に最終回までシリアスな展開が続く。コミカルな演出を一定程度保ちつつも、登場人物の裏切りや死、憎悪などが暗い演出で描かれる。

 

第26位 中居正広 味いちもんめ2 18.1%

1996年1月11日~3月21日
テレビ朝日系毎週木曜21時枠で放送
香取慎吾が友情出演
SP3の視聴率は15.5%
SP4の視聴率は13.7%
SP4に草彅剛が友情出演

『味いちもんめ』(あじいちもんめ)は、原作:あべ善太、作画:倉田よしみによる日本の漫画作品。板前と料亭を題材にした料理・グルメ漫画。

 

第27位 木村拓哉 南極大陸 18.0%

2011年10月16日~12月18日
TBS系毎週日曜21時枠で放送

TBS開局60周年記念番組の集大成として、北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』を原案に制作される。当初は仮題として「神の領域に挑んだ男と犬の物語」の副題があった。
木村拓哉が「日曜劇場」で主演を務めるのは、2007年の『華麗なる一族』以来、4年ぶり。
初回は2時間5分枠の拡大版となり、第66回文化庁芸術祭参加作品として放送される。
撮影は2011年2月某日から8月某日までの半年間行われた。また、南極のシーンは2月から2か月半、北海道根室市で撮影が行われた。
キャッチコピーは「その夢には、日本を変える力がある」。
ドラマの全話平均視聴率は18.00%である。

あらすじ
昭和30年代、敗戦からの復興を進める日本は、戦勝国を中心とした国際地球観測年による南極観測への参加を表明する。しかし、他の参加国からは敗戦国であることを理由に罵倒される。そして、日本に割り当てられた観測場所は「inaccessible(接岸不可能)」とされていたプリンス・ハラルド海岸であり、日本は全く期待されていなかった。その中で、倉持たちは日本が世界と肩を並べる時が来たとして、南極観測のために尽力する。

 

第28位 中居正広 ブラザーズ 17.9%

1998年4月13日~6月29日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送
主題歌 SMAP「たいせつ」

あらすじ
主人公・ジンこと藤原真心(中居正広)は長永寺の次男坊。学生時代から目立って脚光を浴びることは少なく、優秀な実業家の兄・ブンこと藤原真文(岸谷五朗)と自分を比べて特技もなく、スポーツライターの夢も諦め仕方なしに住職を継ごうとする自分に常に劣等感を覚えていた。
そんな藤原家に突然服部ナナ(木村佳乃)という女性がお手伝いにやってくる。天真爛漫な性格が藤原家を明るくすると同時に、そそっかしい面も持っており、数々の事件も起こしてしまう。
幼馴染の三島礼子に昔から好意を寄せていたジンは、だんだんこの気持ちは恋心とは違うのではないかと疑うようになる。一方ナナは優しいジンにそっと恋心を抱いてアプローチを続ける。そしていつも一緒にいるナナのそそっかしさに苛立ちを覚えながらも、ジンもナナに複雑な感情を抱くようになっていく。

 

第29位 木村拓哉 PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 17.7%

2012年10月22日~12月24日
フジテレビ系毎週月曜21時枠で放送

会社内での陰謀により職を追われ、さらに住む家や所持金全てを失い貧乏になる男・金田一二三男を主人公に、ゼロからのスタートを切り、金では買えない物に気付いていく彼の前向きな生き様と、それに感化されていく人々の姿を描いたヒューマンコメディ。ストーリーはわらしべ長者が全体のテーマとなっており、金田一が手にした物や仕事も周囲との関わりにより変化していくのも特徴。
キャッチコピーは「笑うが、価値。だろ。」
木村は月9枠主演は『月の恋人~Moon Lovers~』以来2年半ぶりとなり、木村と演出の鈴木雅之とは『ロングバケーション』『HERO』に続くタッグとなる。
2012年10月11日、フォトセッションに、東日本旅客鉄道のロケーションサービスによって東京駅丸の内駅舎前が利用された。

 

第30位 草彅剛 フードファイト 17.2%

2000年7月1日~9月16日
日本テレビ系毎週土曜21時枠で放送
木村拓哉が九官鳥の声を担当
主題歌 SMAP「らいおんハート」
SP1の視聴率は20.2%
SP2の視聴率は17.0%

あらすじ
孤児院『つくし園』で育った井原満(草彅剛)は一流企業である宮園総合食品の清掃員である。しかし満にはもうひとつの顔があり、宮園総合食品の会長が主催し、会社の地下で行われている政財界の大物だけが参加できる大食い賭博ゲーム『フードファイト』のファイターだった。彼はフードファイトの勝利で獲得した賞金を匿名でつくし園に寄付しており、そのための思いから才能が開花し完全無敵のチャンピオンとして君臨していた。

 

●まとめ

今もって不動の人気を誇るSMAP。

解散はファンならずとも、残念でなりません。

こうしてSMAPの皆さん主演のドラマを振り返ってみると、時代の移り変わりと共に様々な出来事が思い出されます。

それは世の中としても、個人としても感じるところです。

まさしくSMAPは我々アラフォー世代と共にありましたね。

そんな当時を思い出しながら、改めてSMAPの過去の作品を見てみるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 - ランキング